CD 輸入盤

Flash

Flash (フラッシュ*FLASH)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ECLEC2166
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Digitally remastered and expanded edition of this 1972 debut album from former Yes guitarist Peter Banks and mates. Upon his departure from Yes following the release of the album Time And A Word, guitarist Banks formed this excellent Progressive outfit featuring Ray Bennett (bass, guitar), Colin Carter (vocals) and Mike Hough (drums). Signing to the Sovereign label in the UK, Flash recorded their eponymous debut album and were joined by another ex-Yes member, Keyboard player Tony Kaye, whose skill graced the entire album. This reissue includes the rare single version of 'Small Beginnings' as a bonus track and is certain to appeal to the legions of Yes fans and lovers of Classic and Progressive Rock. Esoteric. 2009.

収録曲   

  • 01. SMALL BEGINNINGS
  • 02. MORNING HAZE
  • 03. CHILDREN OF THE UNIVERSE
  • 04. DREAMS OF HEAVEN
  • 05. THE TIME IT TAKES
  • 06. SMALL BEGINNINGS (SINGLE VERSION)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
わたし、イエスについてはファースト・アル...

投稿日:2013/08/09 (金)

わたし、イエスについてはファースト・アルバムが一等好き、というかなり変わった嗜好を持っています。複雑構成主義ロックになってしまう以前、ジャズと西海岸の匂いを残した重い音は独自で、いまだによく聴いています。そんなユーザーにとって笑えてしまうぐらい、ファーストの音です。ということは、イエス初期の音のアイデアを提供したのは、ピーター・バンクスだったということなのでしょうか。重さがありながら明るい音で統一されていて、クセがありません。一方でアクが強くないことは裏目にも出ていて、サイケデリックともプログレッシブとも分類できない音は、それらのジャンルのユーザーに魅力的とは言えません。 つまりイエスのファースト、セカンドを好きで、その延長線上を求めているユーザーのための音です。実質的なリーダーはベースのレイ・ベネットであったらしいです。彼のベースからしてクリス・スクワイアそっくり。好きだったのでしょうねぇ。それといつもながらトニー・ケイのオルガンは自己主張しません。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
★
まずはイエスのオリジナルギタリストでもある ピーターが...

投稿日:2013/03/23 (土)

まずはイエスのオリジナルギタリストでもある ピーターが亡くなったことを知り、非常に残念に思います。 彼のアグレッシブなギターは最高に格好良いです。このアルバムはピーターバンクスやトニーケイが参加してるだけでなく、ボーカルやドラム、ベースまでが初期のジョンやビル、クリスっぽいので YESのファーストからサードあたりも好きな者にとって違和感なく聴けました。ときおり前面に出てくるトニーのキーボードもたまらないです。

オールYES さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
今回はSHM-CD仕様とオリジナルアナログから...

投稿日:2010/02/21 (日)

今回はSHM-CD仕様とオリジナルアナログからの盤起こし仕様の2枚セット、なかなか面白い企画で、聴き比べると「なるほど・・・」と妙に納得出来ますよ。ご存じ元YESのPeter Banks(g),Tony Kaye(key)を中心としたグループで、初期YESの発展形とでも表現するのが適切でしょうか。各楽曲ともよく出来ていて、もしYESがメンバーチェンジしないままだったらこんな風になっていたかもしれませんね。1曲目はリアルタイムでEP(edit version)買ってよく聴きましたが、本当にいい曲です。その後のYESと何かと比較され正当評価されていないのが残念です。

cornbread さん | 福岡県 | 不明

1

おすすめの商品