LPレコード 輸入盤

Car Therapy Sessions (ウォルナット・ブラウンヴァイナル仕様/アナログレコード)

Faye Webster (フェイ・ウェブスター)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SC459LPC1
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

●Faye Websterは、フルオーケストラをバックにした新曲と再構築曲からなるEP『Car Therapy Sessions』をリリースする。同作品でWebsterは、絶賛された2021年のリリース『I Know I'm Funny haha』と2019年の『Atlanta Millionaires Club』から3曲を再構築。
そこに、タイトル・トラックの「Car Therapy」と「Suite: Jonny」(『Atlanta Millionaires Club』収録の「Jonny」と「Jonny (Reprise) 」を組み合わせた曲)が追加される。レコーディングはSpacebomb Studiosでおこなわれ、オーケストラはTrey Pollardが指揮とアレンジを担当。作品のプロデュースとミキシングはDrew Vandenburgがおこなった。
●小学校時代に独学でギターを学び、家族は伝統的なブルーグラスとカントリーのプレイヤーであったWebsterはミュージシャンになるべくして生まれた。僅か16歳でデビュー・アルバム『Run & Tell』をリリース。10代の現象であったJackson BrowneやLaura Marlingのように、作品は叙情的で芸術的な明快さを示していた。彼女は故郷、アトランタのカルチャーに深く根付いていた。L’il Yachtyはクラスメートで、高校時代にラッパー/プロデューサーのEtherealと友達になった。続けてAwful Recordsと契約。Father、Playboi Carti、Ethereal等とレーベル・メイトとなった。部外者にとっては少し奇妙だが、Websterは彼らと同じアート・キッズの精神を共有していたのだ。2017年にAwfulからリリースされたセルフ・タイトルのアルバムは、彼女をSecretly Canadian(ANOHNI、Porridge Radio、Whitney、Yoko Ono)との契約に導くのに十分な内容であった。2年後、彼女は『Atlanta Millionaires Club』をリリース、批評家達から高い評価を得た。2021年には4枚目のアルバム『I Know I’m Funny haha』をリリース。アルバムはPitchforkでベスト・ニュー・ミュージックに選ばれ、「今年のベスト・レコードの1枚」と絶賛された。マルチな才能を持つWebsterはKiller Mike、Offset、D.R.A.M、Nikeといったブランドのキャンペーンの撮影を手掛けたフォトグラファーでもある。また、時々、モデルとしても活動し、フルタイムのヨーヨー愛好家でもある。
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Kind Of (Type Of Way)
  • 02. Sometimes (Overanalyze)
  • 03. Car Therapy
  • 04. Suite: Jonny
  • 05. Cheers (To You & Me)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品