Fay Claassen / Wdr Big Band Cologne

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Sing!

Fay Claassen / Wdr Big Band Cologne (フェイ クラーセン / ダブリュー ディー アール ビッグ バンド コロン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CR73301
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

オランダが誇る本格派ヴォーカリスト、フェイ・クラーセンがドイツ・ナンバー1のビッグ・バンド、WDRビッグ・バンドと共演。曲は、ベティ・カーターやルイ・ジョーダン、それに、ビリー・ストレイホーンなどといった、いわゆるジャズ・ジャイアンツから、ビョークや、ジョニ・ミッチェル、そして、90 年代後期のアビーリンカーンによる現代のNew Standardまで。ジャズ基本線を守り、スモーキーなヴォイスも聴く人にやさしく、自由に歌うヴォーカルはなんとも自然です。

ゴージャスなホーンズをバックにした究極4ビート・ナンバーのオープニング、ちょっとしたオールディな雰囲気が良い感じなM-2、ビッグ・バンドによる意外なイントロを添えたジャジー・ジョビンのM-4、そんな中に交る、アビー、ビョーク、ジョニ・ミッチェルはといえば、これまた本人の世界で、原曲の世界に迫るというよりも、あくまでも自身の性質を大切にした路線。ジョニ・ミッチェルのM-7Be Cool などで聴けるサックス・トリオをバックにしたアドリブ・ヴォーカルなども正に、このフェイ・クラウセンならではと言えましょう。また、バックのホーンズと絶妙のコンビネーションで、ドラマティックに聴かせる名曲M-11 Tea for Two なども素晴らしいです。近頃、本格的なヴォーカル作品が少ない、とお嘆きのジャズ・ヴォーカル・ファンにお薦めな一枚。

Fay Claassen(vo) and
WDR Big Band Cologne: Andy Haderer, Rob Bruynen, Wim both Klaus Osterloh, John Marshall(tp), Ludwig Nuss, Felix Fromm, Bernt Laukamp, Mattis Cederberg(tb), Johan Horlen, Karolina Strassmayer, Olivier Peters, Paul Hellere, Jens Neufang(reeds), Frank Chastenier(p), Paul Shigihara(g), John Goldsby(b), Hans Dekker(ds), Michael Abene(arrange, conduct)

収録曲   

  • 01. Tight
  • 02. Is You is or is you ain’t my Baby
  • 03. Throw it Away
  • 04. A Felicidade
  • 05. You Turn me on
  • 06. Cover me
  • 07. Be cool
  • 08. Umhome
  • 09. A good Man is hard to Find
  • 10. A Flower is Loversome Thing
  • 11. Tea for Two
  • 12. Everything must Change

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品