Everything But The Girl

Everything But The Girl (エヴリシング・バット・ザ・ガール) プロフィール

Everything But The Girl | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

エヴリシング・バット・ザ・ガール(Everything But the Girl: EBTG)は、イギリスの2人組音楽バンドである。ネオ・アコースティックの代表的なバンドとして知られる。デビュー当時はアコースティックを基調としたシンプルなサウンドであったが、キャリア中期からエレクトリックサウンドを大々的に取り入れ、クラブシーンでも知られるようになる。

概要

それぞれチェリーレッド・レコードから作品を発表しハル大学に在学していたマリン・ガールズのトレイシー・ソーンと、ベン・ワットの二人が、レーベル企画によって1982年に結成されたユニット。元々短期活動ユニットの計画であったが、思わぬ評判により息の長い活動となった。

グループ名は「女の子以外は何でも」という意味で、ハル大学の近くにあった家具や雑貨を扱う店の名前(この場合は、女の子以外は何でも売っているという意味)から取られたと言われている。

チェリーレッド社の企画からビリー・ホリデイの“ナイト・アンド・デイ”をA面に、お互いのオリジナル曲をB面に入れたシングルをレーベルの意図によって制作。この曲を聴いてエルビス・コステロは狂喜し、ジャム解散直後のポール・ウェラーはハル大学へ押しかけステージに飛び入りした程であった。

1984年にブランコ・イ・ネグロ・レコードから発売されたファースト・アルバム『エデン』はUKチャート14位を記録し、「ポスト・パンクからネオ・アコースティック・ムーブメントへの道を切り開いた作品」と評されている。

アルバムごとに、映画音楽・ジャズ・AORなど様々な要素を取り入れ、やがて、ソウル・II・ソウルなどのダンス・ミュージックにも着目するようになり、パーカッションのプログラミングなどに反映されるようになる。しかしながらこの時点では、日本では「お洒落に敏感なOL層」に人気のアーティストといった取り上げられ方であった。すでに80年代終盤には、ガラージュ・ハウスのアルバムを制作することも考えていたが、その時点ではEBTGにどのようにハウス・サウンドを関連付けるかが定まらず、実現はしなか…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%