CD

Belgian Congo Records: 旧ベルギー領コンゴ地方の伝統音楽

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AFR825
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
デジパック, コレクション, リマスター

商品説明

自社制作復刻シリーズ 最新作登場!
これぞアフリカ音楽の原点!
1930年代の純粋なアフリカ音楽が詰まった貴重盤が初CD化


今年2010年はアフリカにとって特別な年。6月にサッカー・ワールドカップが初めてアフリカ大陸(南アフリカ)で開催されるほか、多くの新興独立国がアフリカで誕生したことから由来する“アフリカの年”(1960年)から今年でちょうど50年にあたるなど、何かとアフリカが世界から注目されているからです。そんなまさに21世紀の“アフリカの年”とも言うべき2010年に相応しい復刻盤が、国内プレス盤として登場することになりました。

本作は、古くからアフリカ音楽を聞かれてきた方にとってはバイブル的存在とも言える名盤で、純粋な意味でごく初期のアフリカ音楽を聞くことが出来る、非常に歴史的価値の高い作品をCD化したものです。ここに収録されているのは、1935年から36年にかけて旧ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)東部と、そのお隣りのルワンダ=ウルンディ(現在のルワンダとブルンディ)にて行われたフィールド・レコーディングの数々。それを録音したのはベルギー生まれのドキュメンタリー映画製作者アーマンド・デニスとその妻レイラ・ルーズベルトが率いる探検隊で、ベルギー政府の援助のもと映画の素材作りのために行われたものだったそうです。

レコーディングの内容は、主に中央アフリカの熱帯雨林を生活拠点としている先住民族ピグミーたちによる歌と手拍子を使ったプリミティヴな伝統音楽のほか、その他様々な部族による太鼓や木琴(もちろん西洋化されていない土着のもの)を使った合奏、さらにはピグミーの成人の儀式まで収録されるなど、ここでは西洋文化に全く染まっていない、ありのままの“アフリカ”を聞くことが出来きます。
 本録音は当初SP盤6枚(12曲)で発売され、戦後になってLP化されましたが、さらに1977年には中村とうようさんの監修でキング・レコードから日本盤がリリースされたこともありました。そして33年ぶりの再発となる本作ではオリジナルSP盤を元に、より膨らみのある音へとリマスタリングが施され、さらにSP盤に付いていたオリジナル・ライナーノーツの完全翻訳も収録。もちろん貴重な写真と詳細な日本語解説も収録した豪華ブックレットを付け、デジパック仕様のパッケージでお届けいたします。

アフリカ音楽の原点を見つめ直す良き手引き書とも言える本作。末永く手元に置いておきたい、まさにベーシックな1枚と言えるでしょう。


【トラックリスト】
1. マンベトゥ族の合唱
2. バビラ族の合唱
3. バペレ族の踊りとカルミ酋長の踊り
4. ルペーロでの木琴の演奏
5. マンブーティ族ピグミーの音楽
6. パトゥワ族ピグミーの音楽
7. ワトゥシ族王家のタイコ演奏 その1
8. ワトゥシ族王家のタイコ演奏 その2
9. ワトゥシ族王家のタイコ演奏 その3
10. バフトゥ族の祈祷歌と踊り
11. ピグミーの割礼式 その1
12. ピグミーの割礼式 その2

内容詳細

現在のアフリカの姿を捉えたCDは数多く発売されているが、まだ西洋音楽が入る以前の純粋なアフリカの音を収録している点で、これはまさに貴重。1935〜1936年のフィールド・レコーディング、プリミティヴな合唱や太鼓、伝統儀式、舞踏、すべてが眩しく思えてくる。★(渕)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

アフリカ に関連する商品情報

おすすめの商品