CD 輸入盤

Radio Music Society

Esperanza Spalding (エスペランサ・スポルディング)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7233174
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ポップでラジオ・フレンドリーなアルバムを目指した本作は、HipHop界の大御所=Q-tipと共同でプロデュース。ビルボードのコンテンポラリー・ジャズ・チャートで1位を獲得した前作『チェンバー・ミュージック・ソサイエティ』の対をなすアルバムという本作について本人は、「もともとはこの2枚のアルバムをダブル・アルバムとして出そうと思っていたの。1枚はとても個人的で繊細な室内楽の探求、そして2枚目はジャズ・ミュージシャンがいわゆる“ポップ・ソング”のフォーマットに近く分類される曲の形式やメロディを探求していくもの。この2つこそ私がとても興味を持っていることで、それぞれのタイプの曲を書く中で異なるプレゼンテーション・アプローチについて考えることにとても好奇心が掻き立てられるの。」と語っている。


彼女にグラミー賞新人賞をもたらした前作『Chamber Music Society』(2010年)では、長年の仲間であるLeo Genovese (key)、Terri Lynne Carrington (ds)、Quintino Cinalli (per)、そしてゲスト・ヴォーカルにMilton Nascimento を迎えて制作されたが、本作ではそのキャストを格段に広げた。プレイヤーにはいずれもジャズ界の巨匠であるJoe Lovano (sax)、Jack DeJohnette (ds/p)、Billy Hart (ds)を招き、共同プロデューサーとしてヒップホップ界の巨人Q-Tipが参加。さらにAlgebra Blessett、Eulaulah Donyll "Lalah" Hathaway、Gretchen Parlato、Lionel Louekeといった様々な個性のヴォーカリストが参加し、花を添えている。


12曲中の10曲が Esperanza による作詞・作曲。06 は Stevie Wonder とSusaye Coton Greene がMichael Jackson の名作『Off The Wall』 で作詞・作曲した「I Can’t Help It」のカヴァー。そして 09 はWayne Shorter とJoseph Vitarelli の作曲で、Wayne の1985年アルバム『Atlantis』に収録されていた「Endangered Species」のカヴァー。

収録曲   

  • 01. Radio Song
  • 02. Cinnamon Tree
  • 03. Crowned & Kissed
  • 04. Land Of The Free
  • 05. Black Gold
  • 06. I Can’t Help It
  • 07. Hold On Me
  • 08. Vague Suspicions
  • 09. Endangered Species
  • 10. Let Her
  • 11. City Of Roses
  • 12. Smile Like That

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
凝ったメロディライン、複雑なアレンジ、目...

投稿日:2012/10/05 (金)

凝ったメロディライン、複雑なアレンジ、目まぐるしいリズムチェンジ。天才というより、人並み外れた努力型の秀才という感じの計算しつくされた音楽だと感じました。理解できない難解な音楽ではないけど、私は難しくてついていけなかったです。なぜフレーズの頭にユニゾンで16分休符を入れるのか?とか、かみ合わないリズムパターンをなぜひとつの楽曲に複数入れるのか?とか考えだしたら楽しめなくなってしまった。どんな環境で育ち、どんな勉強をするとここまで行ってしまうのか。恐ろしいまでの能力と技術には驚嘆です。バックミュージシャンを使って、まるで打ち込みのように自分の世界を表現させてしまうプロデュース能力にも驚きました。個人的にはスタンダードなど、旧来のコンテンツを新鮮に料理する彼女を聴いて勉強したら楽しめるかも。CD買って1回で気に入ってヘビロテで楽しんでいる方が正直羨ましい。★ふたつは私の理解度です

かめ さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
jazz is dead?^orジャズはどこへ行くの ?...

投稿日:2012/07/13 (金)

jazz is dead?^orジャズはどこへ行くの ?^  の答えはこういう方向かな。 パーカー、モンク、ミンガス、ドルフィー コルトレーン、 マイルス、セシルテイラー、AACM と面白かったけど 21世紀はこのアルバムのようなblack music 融合型だろうな。 そんなに反抗的でもないし悲壮感もないし、開放的で、ある意味 自由だな。アメリカも黒人よりヒスパニック系が人口比率が高く なったし、黒人の地位も向上してきたことにも起因するのかな。 アルバムだけど、一曲でもビ・バップを挿めば好かったのにと思う。 むしろ添付のP.Vはいい出来だ。

art ensemble さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
可愛い!Erykah Baduみたいて言ってたけど...

投稿日:2012/05/09 (水)

可愛い!Erykah Baduみたいて言ってたけど、ちょっと違うかも。 キュートでジャジー。ジャジーでもボサノヴァのように太陽が似合う感じ♪シナモンツリーっていう曲が超可愛くて、大好きです。ずっと聴いていられるCDです♪もっともっと聴きこむぞ。

カオイココ さん | 新潟県 | 不明

0

Esperanza Spaldingに関連するトピックス

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド