LPレコード 輸入盤

Emily's D+Evolution (アナログレコード)

Esperanza Spalding (エスペランサ・スポルディング)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7238281
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

エスペランサ流ポップ・ワールド満開!グラミーで最優秀新人賞に輝いた“現代ジャズ・シーン最高の才媛”、4年ぶりの新作

メジャー第2作の『チェンバー・ミュージック・ソサイエティ』で、2010年の第53回グラミー賞にて、(かのジャスティン・ビーバーをおさえて)ジャズ・ミュージシャンとしては初となる最優秀新人賞「Best New Artist」を獲得。高度な作・編曲のセンスと、バークリー音楽大学で史上最年少講師に抜擢された演奏スキル、天を舞うような軽やかなヴォーカル、そしてファッション界も注目するルックスやファッションセンス。あらゆる面でのスター性を兼ね備えたその才能は、ジャンルの枠を軽々と超越し、ブルーノ・マーズ、プリンス、さらにはオバマ大統領からも絶賛されています。

グラミー賞で2部門に輝いた2012年の『ラジオ・ミュージック・ソサイエティ』に続く、3年ぶりとなる待望のニューアルバム。アルバムごとに綿密に構築したコンセプトによるプロジェクトで話題を集めているエスペランサですが、今回は2015年に発足したニュー・プロジェクト「エミリーズ・D+エヴォルーション」による作品。自身のミドルネームである“エミリー”を冠し、誕生日の前の晩に見た夢の中に出てきたというキャラクター(=もうひとりの自分)を主人公として、人間の「進化(Evolution)」と「退化(Devolution)」を表現するミュージカルのようなコンセプト。ギター〜ドラムス、そしてエスペランサのベース&ヴォーカルというシンプルなバンド編成で、かつてなくカッティングエッジでロック、ポップ色の強いサウンドに仕上がっています。デヴィッド・ボウイの最新作『★』のサウンドメイキングでも話題を集めている巨匠トニー・ヴィスコンティとの共同プロデュース。2015年9月には、第14回東京JAZZに出演し、日本で同プロジェクトを初披露し話題となりました。

Esperanza Spalding (b,vo,p,synth bass)
Justin Tyson (ds)
Karriem Riggins (ds)
Matthew Stevens (g)
Emily Elbert (background vo)
Corey King (background vo,synth,key,tb)
Nadia Washington (backing vo)

収録曲   

LP-1

  • 01. Good Lava
  • 02. Unconditional Love
  • 03. Judas
  • 04. Earth To Heaven
  • 05. One
  • 06. Rest In Pleasure

LP-2

  • 07. Ebony And Ivy
  • 08. Noble Nobles
  • 09. Farewell Dolly
  • 10. Elevate Or Operate
  • 11. Funk The Fear
  • 12. I Want It Now

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Esperanza Spaldingに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品