DVD

One More Car One More Rider -初回限定価格盤

Eric Clapton (エリック・クラプトン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPBR90100
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

「大規模なワールド・ツアーはこれが最後」と事実上のライヴ隠居を決め込んだエリック・クラプトン。2001年2月3日ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールを皮切りに12月15日ここ日本は横浜アリーナでファイナルを迎えたレプタイル・ワールド・ツアーの8月17、18日アメリカStaples Center,Los Angels,Californiaで行われたライヴの模様を収録したDVD『ワン・モア・カー、ワン・モア・ライダー』!しかも嬉しい事に初回生産分のみ¥3,980(税抜き)のスペシャル・プライス!ふらりとステージに登場しアコギ一本で演奏する"キー・トゥ・ザ・ハイウェイ"で幕を開け、大ヒット曲/代表曲を惜しげも無く披露し、世界で一番美しいとされるスタンダード・ナンバー"オーヴァー・ザ・レインヴォー"で幕を閉じるあのセットが今蘇る!同時発売の2枚組ライヴ盤CDも勿論要チェックです!

内容詳細

世界24ヵ国・80都市・104公演という近年では最大規模のワールド・ツアーを行なったエリック・クラプトン。その3ヵ月前に北米ツアーの一環として行なわれたカリフォルニア州での公演を記録した映像集!(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. キー・トゥ・ザ・ハイウェイ (アコースティック・ソロ)
  • 02. レプタイル
  • 03. ガット・ユー・オン・マイ・マインド(アコースティック)
  • 04. ティアーズ・イン・ヘヴン (アコースティック)
  • 05. ベル・ボトム・ブルース
  • 06. チェンジ・ザ・ワールド
  • 07. マイ・ファーザーズ・アイズ
  • 08. リヴァー・オブ・ティアーズ
  • 09. ゴーイング・ダウン・スロウ
  • 10. シーズ・ゴーン
  • 11. アイ・ウォント・ア・リトル・ガール
  • 12. バッジ
  • 13. フーチー・クーチー・マン
  • 14. 愛の経験
  • 15. コカイン
  • 16. ワンダフル・トゥナイト
  • 17. いとしのレイラ (アンプラグド)
  • 18. ラウンド・イン・サークルズ (アンコール:ビリー・プレストン)
  • 19. サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ
  • 20. オーヴァー・ザ・レインボウ

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
うーん、俺の旧型PS2じゃ見れなかった(...

投稿日:2002/11/09 (土)

うーん、俺の旧型PS2じゃ見れなかった(怒)選曲はよかったがアコギの音がエレアコのバリ音だったのが気になったなぁ〜。でかい会場でアコギの音をバックと一緒に聞かせることで、それはしょうがないか。アンプラグドのようにはいかんし。何か全体的に演奏を流してる気もしたし…でも、明らかに歌は旨くなって説得力は上がってます。リバーオブティアーズでのギターもオリジナルよりすごいし、ボーカルには泣かせるビブラートが感動的でした。でも、ストラトキャスターは黒のがいいなぁ〜。

ゴッキー さん | 不明

0
★
★
★
★
★
映像アングル音とも文句なし、最高!!!弦の...

投稿日:2002/11/07 (木)

映像アングル音とも文句なし、最高!!!弦の振るえている所まで見える。ただ、丁度ツアー半ばで夏で暑かったんでしょうか、昨年末アリーナで見たときよりもおとなしかったような印象?でも、今回のコンサートは近年では最高の内容でした。

Over the rainbow さん | 神奈川 | 不明

0
★
★
★
★
★
クロスロードのジャケットも最高!ただ、同...

投稿日:2002/11/02 (土)

クロスロードのジャケットも最高!ただ、同時発売の2枚組CDと一緒にセットされた限定商品が発売される事がワーナーのHPに載っていた。しかも別々にCDとDVDを買うより安くてカレンダーもついている。発売は11月27日と遅いので、ファンとしてはダブるのを覚悟でこのDVDを買うしかないのだろうか?

nobu さん | toukyou | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Eric Clapton

誰もが認める「ギターの神様」エリック・クラプトン。そして、その「のっぴきならない」エモーショナルなギター・サウンドに加え、歌表現まで含めたブルースの追求に目覚めたことが、エリック・クラプトンの音楽に強い訴求力とポピュラリティを付け足したのではないだろうか。

プロフィール詳細へ

Eric Claptonに関連するトピックス

おすすめの商品