CD 輸入盤

Live In San Diego: With Special Guest JJ Cale (2CD)

Eric Clapton (エリック・クラプトン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9362.491855
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

■ 2007年3月15日、サンディエゴはiPayOne Center。 21世紀のクラプトン・ツアーの中で“伝説”と謳われる最高のステージが、ライヴ・アルバムとして遂に登場!

■ 若手実力派ギタリスト、Derek TrucksとDoyle Bramhall IIを迎えた2006/2007年のワールド・ツアーは、ファンの間でも人気が高いが、本作『LIVE IN SAN DIEGO (WITH SPECIAL GUEST J.J. CALE)』は、そのツアーの一環として行われたライヴを収録したもの。2時間にも亘るステージのハイライトとなるのは、御大JJ ケイルの登場!スペシャル・ゲストとして登場した彼は、クラプトンと共に、「After Midnight」、「Cocaine」を含む5曲を披露した。この他、アルバムの最後に収録されている「Crossroads」では、ロバート・クレイも参加している。

■ このツアーに先立つ2006年、J.J.ケイルとのコラボレーション・アルバム『THE ROAD TO ESCONDIDO / ザ・ロード・トゥ・エスコンディード』をリリースしたクラプトン。“ギターの神様”が憧れつづけた“伝説のギタリスト”とのコラボレーションについて、当時彼はこのように語っている:「物心ついてからずっと、私にインスピレーションを与えてきた音楽を作り出した人と仕事をする、そんな私の最後の野望を実現したのがこの作品だ」そのアルバムをリリースして一年後、二人はこのスペシャルなライヴで再び共演を果たすのだった。

■ この時のライヴのセット・リストは、クラプトンのオールタイム・キャリアの中から代表曲、ヒット曲を多数フィーチャー。その中には、「いとしのレイラ」を始め、デレク&ザ・ドミノス時代の楽曲も含まれており、かつてデュアン・オールマンが演奏していたギター・パートの多くをデレク・トラックスが演奏しているのも泣ける所である。

【ミュージシャン・クレジット】
★J.J. Cale: Guitar & Vocals (トラック 6、7、8、9、10)
★Doyle Bramhall II: Guitars/Backing Vocals
★Derek Trucks: Slide Guitar
★Willie Banks: Bass
★Steve Jordan: Drums
★Chris Stainton: Keyboards
★Tim Carmon: Keyboards
★Michelle John: Backing Vocals
★Sharon White: Backing Vocals
★Robert Cray: Vocals & Guitar (“Crossroads”)

Produced and mixed by Simon Climie
Additional engineering by Alan Douglas
Recorded on March 15, 2007 at the iPayOne Center, San Diego, CA.

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Tell the Truth
  • 02. Key to the Highway
  • 03. Got To Get Better in a Little While
  • 04. Little Wing
  • 05. Anyday
  • 06. Anyway the Wind Blows (with Special Guest JJ Cale)
  • 07. After Midnight (with Special Guest JJ Cale)
  • 08. Who Am I Telling You? (with Special Guest JJ Cale)
  • 09. Don't Cry Sister (with Special Guest JJ Cale)

ディスク   2

  • 01. Cocaine (with Special Guest JJ Cale)
  • 02. Motherless Children
  • 03. Little Queen of Spades
  • 04. Further On Up the Road
  • 05. Wonderful Tonight
  • 06. Layla
  • 07. Crossroads

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
本ツアーは、武道館で聞きましたが、本CDは...

投稿日:2016/10/03 (月)

本ツアーは、武道館で聞きましたが、本CDは、さらに、JJ Caleが参加して味が増しております。 武道館ライブでは、聞き分けにくかったクラプトンとデレクトラックスとの掛け合いが確認できます。

mithara さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Eric Clapton

誰もが認める「ギターの神様」エリック・クラプトン。そして、その「のっぴきならない」エモーショナルなギター・サウンドに加え、歌表現まで含めたブルースの追求に目覚めたことが、エリック・クラプトンの音楽に強い訴求力とポピュラリティを付け足したのではないだろうか。

プロフィール詳細へ

Eric Claptonに関連するトピックス

おすすめの商品