CD 輸入盤

Song Of No Regrets

Eric Alexander (エリック ・アレキサンダー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD7311
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

不動の人気を誇るテナー、エリック・アレキサンダーの新作!
パーカッションが加わり、全編ラテン・テイストな内容
スティーヴィー・ワンダーやセルジオ・メンデスのナンバー
また、ブラジルの名曲マシュ・ケ・ナダまで!!
ベテラン・トランペッター、ジョン・ファディスがゲスト参加!


不動の人気を誇るテナー・サックス奏者、エリック・アレキサンダーの新作! リーダーではハロルド・メイバーンの参加が多かったが、今回のピアノはデヴィッド・ヘイゼルタイン。ジョン・ウェーバー(b)、ジョー・ファンズワース(ds)はおなじみのメンツで、この4人を含む3管セクステット“ONE FOR ALL”としても活動しており、気心の知れた間柄である。今回はそこに、ベテラン・トランペッター、ジョン・ファディスが2曲ゲスト参加! また、パーカッショニスト、アレックス・ディアスにも注目だ。
 例によってストレート・アヘッドなサウンドだが、スウィングは1曲のみ。パーカッションが活躍する、ラテンやファンク・ビートが中心となっているのが今作の特徴だ。
 オープニングはヘイゼルタインのオリジナル。マンボ調のナンバーで、2管の力強いアンサンブルに、ラテン・パーカッションがよく効いている。アレキサンダーの豪快なブロウに続き、ジョン・ファディスのソロはハイノート炸裂! 2曲目はスティーヴィー・ワンダーの“These Three Words”で、ファディスはミュートを付け、メロウに歌い上げる。この曲ではアレキサンダーがサックスに加えオルガンも弾く。7曲目のタイトル曲はセルジオ・メンデス&ブラジル'66の曲で、ムーディーなサックス、ラテン・パーカッションに加え、ウィンドチャイムの使いどころが何ともオシャレ。また、ジョルジ・ベンの名曲で、セルジオ・メンデスの演奏によって、全世界的にも知られることになった名曲“マシュ・ケ・ナダ”を小細工なしでストレートに演奏する潔さがアレキサンダーらしい。そして本作唯一のスウィング・チューン、8曲目“Cede's Shack”は、ド直球のジャズ・ブルース! リズムはひたすらスウィンギーに、アレキサンダーはひたすら力強く吹きまくる、熱演! また、ファンク・ビートの6曲目や、ジャズではソニー・クリスのテイクで知られるジミー・ウェッブの“Up, Up and Away” もいい。
 2017年8月8日、エリックの父、リチャード・ウェルズ・アレキサンダーが亡くなった。ライナーには父への想いが綴られており、作品への直接的な影響は記されていないが、父への愛が込められた、優しさに包まれた作品になったように感じられる。(輸入元情報)

メンバー:
Eric Alexander(ts, org 2)
David Hazeltine(p), John Webber(b), Joe Farnsworth(ds), Alex Diaz(perc)
with special guest: Jon Faddis(tp 1,2)

収録曲   

  • 01. But Here's the Thing (D. Hazeltine)
  • 02. These Three Words (S. Wonder)
  • 03. Grinder (E. Alexander)
  • 04. Corazon Perdido (E. Alexander)
  • 05. Mas Que Nada (J. Ben)
  • 06. Boom Zoom (L. Alexander)
  • 07. Song of No Regrets (S. Mendes / L. Hall)
  • 08. Cede's Shack (J. Farnsworth)
  • 09. Up, Up and Away (J. Webb)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Eric Alexanderに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品