CD

Neon

Erasure (イレイジャー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TRCP285
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

イレイジャー、18 作目となるアルバム『ザ・ネオン』(The Neon)がリリース!

最新アルバム『ザ・ネオン』は、想像上に存在する観念的な場所で、ナイトクラブやショップ、都市、カフェ、国、寝室、レストラン、あらゆる全ての暖かく光り輝く場所であり、そこへ導く音楽が本作『ザ・ネオン』には収録されている。作曲とプロデュースは共にイレイジャー。前作『ワールド・ビー・ゴーン』の発表の後、前向きな気持ちと熱意から再び制作をスタートさせている。

◆ヴィンス・クラーク(key)「僕らの音楽は常に、今、僕らがどう感じているかが反映されているんだ。アンディ・ベル(vo)は制作当時精神的にも良いところにいたし、僕もそうだった。すごくいい場所に僕らの心は存在していたんだ。それをみんなも感じ取ってくれることができるはずさ」

◆アンディ・ベル(vo)「僕にとって、願わくば僕らにとっての偉大なポップ・ミュージックから受け取る愛情を常に新鮮にするためのものだった。今となっては、子供たちにも僕らの曲を聞いて欲しいね!僕はポップ・ミュージックというのは誰からでも生まれてくるものだってそんな気持ちでいたいんだ」

このアルバムのヴォーカルはアトランタやジョージアで録音され、ヴィンス・クラーク(key)のスタジオ作業にアンディ・ベル(vo) が加わる形で行われた。ミックス作業は今年の初めにロンドンで行われ、その際にゴッド・オウン・ジャンクヤードという年代物のネオンのコレクションでいっぱいのギャラリーという、実にユニークな環境で写真撮影が行われた。アンディ・ベルが熱弁する。「もうヴァーチャル・リアリティ・ゲームの中の世界にいるような気分だったよ。何か別の世界にいるようですごく気に入ったんだ。それが、僕らが今回の新作で伝えたかったことなんだよね」


■日本盤 (解説 / 歌詞対訳付+ボーナス・トラック2曲収録DL コード付)

※日本盤特典 ダウンロードコード収録曲:
01. Hey Now (Think I Got A Feeling) (Philip George Remix) 02. Hey Now (Think I Got A Feeling) (Nimmo Remix)


<プロフィール>
ヴィンス・クラーク(key)とアンディ・ベル(vo)によるエレクトロ・ポップ・デュオ。ヴィンス・クラークは、デペッシュ・モードのリーダーとしてデビュー、その後ヤズーを経て85 年にイレイジャーを結成。以降、次々と全英ヒット曲を送り出し続け、アルバムも、3rd から5作連続で全英アルバム・チャートのNo.1 を獲得。また、92 年にはEP『アバ・エスク』を大ヒットさせ、世界中にアバ・ブームを巻き起こした。2013 年、初のクリスマス・アルバム『スノー・グローブ』を、2014 年には『ヴァイオレット・フレイム』。2017 年、通算17 作目の『ワールド・ビー・ゴーン』を発表、全英6 位を記録。2018 年、ロンドン公演の模様を収めたライヴ盤『ワールド・ビー・ライヴ』を発売。2020 年8 月、3 年ぶりとなる通算18 作目となるニュー・アルバム本作『ザ・ネオン』を発売。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

デペッシュ・モードの元メンバーによる、英国の大御所エレクトロポップ・ユニットの18thアルバム。シングル「Hey Now」をはじめ、持ち前のポップネスが全開。電飾のように煌めくシンセに彩られた、快楽的なダンス・ビートがたまらない。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Hey Now (Think I've Got A Feeling)
  • 02. Nerves of Steel
  • 03. Fallen Angel
  • 04. No Point in Tripping
  • 05. Shot A Satellite
  • 06. Tower of Love
  • 07. Diamond Lies
  • 08. New Horizons
  • 09. Careful What I Try to Do
  • 10. Kid You're Not Alone

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Erasure

イギリスのエレクトロ・ポップ・バンド。デペッシュ・モード脱退後、ヤズーなどの活動を経たミュージシャン、ヴィンス・クラークが、聖歌隊の経験があるアンディ・ベルをオーディションで選んだことで1985年に結成。 基本的な音楽性は一貫してデペッシュ・モード時代から変わらないエレクトロ・ポップだが、アンディ・・・

プロフィール詳細へ

Erasureに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品