CD

Tarkus

Emerson, Lake & Palmer (エマーソン・レイク・アンド・パーマー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VICP62115
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

EL&Pが1971年に発表した人気作。タルカスとはジャケットに描かれている架空の怪獣で、キース・エマーソンによるアイデアがもとになっている。LP時代のA面で20分以上に及ぶ組曲”タルカス”、残り6曲は短い楽曲という構成。多種のキーボード、シンセを操るエマーソンの手つきと各メンバーによるソロの応酬が聴きどころ。

紙ジャケット仕様盤(This CD is in the miniature album paper sleeve.)

内容詳細

SFファンタジーのはしりともなった、EL&Pの出世作。未だなじみのなかったシンセサイザーというマシーンが世に認められるきっかけとなった。本作は71年に発表されたが、レッド・ツェッペリンと共に、世界中のロック・ファンを熱狂させた名盤中の名盤。(は)(CDジャーナル データベースより)

その他のバージョン

TARKUS のバージョン一覧へ

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
28
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
セカンドアルバムにしてこの完成度。20分...

投稿日:2021/07/06 (火)

セカンドアルバムにしてこの完成度。20分の大作タルカスはスリリングで聴くものを飽きさせず、後半の小曲集も魅力たっぷり。本当に充実しています。トリロジー、恐怖の頭脳改革と並んで大行作となる一枚。いま聴いても全く色褪せていな。

sabbath sabbath さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
EL&Pのセカンドアルバムで1971年メ...

投稿日:2021/03/10 (水)

EL&Pのセカンドアルバムで1971年メロディー・メーカー誌のベストアルバムに選ばれております。勿論タイトル組曲のタルカスが聴き所で、シンセサイザーを取り入れたクラシック的な曲の長さを全く感じさせない名曲です。確か指揮者の佐渡裕氏もオーケストラで取り入れて演奏していたと思います。また、映画「ダイ・ハード」で終盤の高層ビルでの攻防シーンでも使われていた様な気がしますが…勘違いかもしれません。とにかく名盤間違いなしです。エマーソンもレイクも今はもう亡い。2016年は偉大なるアーティストが多く逝ってしまった年だった様な気がします。 

磐央 さん | 福島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
イエスにしろこのEL&Pにしろロックとクラ...

投稿日:2021/03/02 (火)

イエスにしろこのEL&Pにしろロックとクラシックの融合てなもんは、ぶっちゃけた話人のふんどしで相撲をとってるってことなんだが、ここまで売れたのはやっぱり個々の高度な演奏技術とライヴパフォーマンスの華やかさが理由だと思う。プログレッシブロックはアルバム至上主義が駄目だとか、1曲1曲が長いとかとかく批判が多いが、やっぱりアルバム全体を通して聴いて欲しいし、ジャケットデザインも1つの音楽の表現たということを今の若者に分かって欲しい。

たまちゃん さん | 奈良県 | 不明

0

Emerson, Lake & Palmerに関連するトピックス

おすすめの商品