CD 輸入盤

Brain Salad Surgery

Emerson, Lake & Palmer (エマーソン・レイク・アンド・パーマー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ESMCD344
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1973
フォーマット
:
CD

商品説明

自身のレーベル「マンティコア」設立後、1973年にリリースされたEL&Pの通算5作目のアルバムにして、彼らの頂点として評されることも多い代表作『恐怖の頭脳改革』。M5〜8を占める大曲”悪の教典#9”は必聴もの。H.R.ギーガーによる変形ジャケットも話題を呼んだ。

収録曲   

  • 01. Jerusalem
  • 02. Toccata
  • 03. Still You Turn Me On
  • 04. Benny The Bouncer
  • 05. Karn Evil 9 (1st impression (part 1)/1st impression (part 2)/2nd impression/3rd impression)
  • 06. 1st Impression (Part 1)
  • 07. 1st Impression (Part 2)
  • 08. 2nd Impression
  • 09. 3rd Impression
  • 10. BONUS SELECTION:
  • 11. Making Of Brain Salad Surgery, The

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
このレヴューは、英SONYから発売されたDVD-...

投稿日:2014/07/07 (月)

このレヴューは、英SONYから発売されたDVD-A付き3枚組のものについてもの(相変わらず、BOXセットは、経済的事情もあり、また購入するほど思い入れもなく、パス)。まず、驚いたのは、当初、アナウンスされていたDVD-Aの5.1サラウンドなし!このために買ったようなものだったので、とてもがっかり。各マテリアルはブラッシュアップされ、分離もよく、はっきり聞こえるようになったが、不良品かと思うほど、バランスが悪い。しかも、「聖地エルサレム」のチューブラベルが落ちていたり、ヴォーカルのエコーが効き過ぎたり。荘厳を通り越して、騒音。肝心の「悪の経典#9」は、「第一印象パート1」のヴォーカルが、今度はエコーが無さすぎて、スカスカ。そして、繰り返すが、聴きこんだアルバムではないので、正確なことは言えないが、ヴォーカルの多重録音で落ちている箇所があるように見受けられ、またまたスカスカの原因になっているようである。「第2印象」は、オリジナルよりもメリハリがあり、スピード感を得られるようになった。この点は良かった点。オリジナル・ミックスのリマスターは、ヒス・ノイズが目立ち、「聖地エルサレム」の冒頭は相変わらず、よれよれ。これなら、前に発売されたリマスターの方が良かったのではないか。以前、出ていたDVD-Aや、評判の良かったSACD(ユニバーサルから出ていたデラックス・エディションの贅沢なおまけ)を買いそびれたので、今回のヴァージョンを楽しみにしていたが、正直、がっかり。何かの事故か悪夢だと思いたいぐらいである。

naoko さん | 鳥取県 | 不明

7
★
★
★
★
★
プログレの名盤。これが最高傑作でしょう。

投稿日:2012/02/01 (水)

プログレの名盤。これが最高傑作でしょう。

ともたん さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
パッケージの内容に難ありますけど、SACDの5...

投稿日:2009/04/30 (木)

パッケージの内容に難ありますけど、SACDの5.1chが帳消しにしてくれます。 ここの価格は高いけど案外簡単に安く購入できます。

ハンチャン さん | 東京 | 不明

2

Emerson, Lake & Palmerに関連するトピックス

おすすめの商品