Elvin Bishop

Elvin Bishop (エルヴィン・ビショップ) プロフィール

Elvin Bishop | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

エルヴィン・ビショップは1942年10月21日にカリフォルニア州の片田舎グレンデイルに生まれた。その後幼少時はアイオワ州に育ったが、彼が10歳の時に家族ともどもオクラホマ州タルサへ移住している。この地域はほとんど白人居住者により占められており、幼いビショップはラジオを通して聞こえてくるブラック・ミュージックを除いては、黒人やブラック・カルチャーといったものに殆ど直に触れる機会はなかったという。

そんなエルヴィン・ビショップが初めてブラック・ミュージック、とりわけブルースに直に触れる機会を得るのは、1959年に奨学金を受けシカゴの大学に通うようになってからのことだった。その地で知り合うようになった黒人の友人達が連れて行ってくれたクラブで、エルヴィン・ビショップは、いきなりシカゴ・ブルース・シーンのど真ん中に大きな飛び込み刺激を受けるのだった。そして学生生活を2年経た後、ビショップは学校をドロップ・アウト。いよいよ音楽の世界に本格的に身を投じていくことになる。

60年代の初頭にエルヴィン・ビショップは、後にバターフィールド・ブルースバンドを一緒にやることになるポール・バターフィールドと出会っている。一緒にプレイを共にするようになった二人は、昼夜を問わずブルースに入れ込み(マディ・ウォーターズはじめ、オーティス・ラッシュマジック・サムハウリン・ウルフジュニア・ウェルズリトル・ウォルターといったブルースメンと共演も果たした)、その結果1963年にシカゴの北側にある「ビッグ・ジョンズ」というハコで行われたイベントで、ポール・バターフィールド・ブルースバンドとしてデビューした。ビショップは最初期の幾つかのアルバムに参加し、マイク・ブルームフィールドとのツイン・ギター編成で活躍したが、1968年のアルバム『In My Own Dream』を最後に同バンドを脱退している。

バターフィールド・ブルースバンド脱退後、ビショップはソロとして独立しサンフランシスコへと移住。エリック・クラプトンB・B・キングジミ・ヘンドリックスといったミュージシャンたちに混ざりフィルモアに出演したり、マイク・ブルームフィールドアル・クーパーフィルモアの奇蹟(The Live Adventures Of…)に参加したりもする。そしてビル・グレアムのフィルモア・レーベルから3枚のアルバムを発表した後、同社倒産に伴って新たな所属レーベルとなるキャプリコーンに移籍している。

1974年にキャプリコーン・レーベルから、アメリカン・ルーツ・ロック・ファンに人気の高い名盤 レット・イット・フロウ(Let It Flow)を発表。その後同レーベルから、1975年に ジューク・ジョイント・ジャンプ(Juke Joint Jump) ストラッティン・マイ・スタッフ (Struttin' My Stuff) 、 1976年に ホームタウン・ボーイ・メイクス・グッド!( Hometown Boy Makes Good!) 、 1977年にライヴ盤 ライジン・ヘル(Raisin' Hell)、 1978年にホッグ・ヘヴン(Hog Heaven)と、コンスタントにソロ・アルバムを発表していくが、結局のところセールス的にも内容的にも、それほどの成果は出せず、低迷した印象もリスナーに与えていくことになった。

そんなエルヴィン・ビショップは、現在では多くのブルース・ミュージシャンたち同様、音楽シーン云々とは別のところで、自分や熱心なファンのために音楽を演奏することを心から楽しんでいるかように見える。彼は近年、アリゲイター・レーベルからパーティ感覚に溢れたブルース・ロック作を相当数発表し、古くからのファンを喜ばせている。

60年代シカゴのブルース・シーンの熱気を肌で感じ取りながら、それを自分達のプレイに率直に反映させてきたポール・バターフィールド・ブルースバンドのメンバーたちや、エルヴィン・ビショップらのプレイには、当たり前の話だが同時期の60年代に、海の向こうのイギリスでブルースのコピーに励んでいたブリティッシュ・ビート・バンドやロック・グループにはないホンモノ臭さがあった(英バンド達はそのことを逆手にとって多様な表現をモノにしていくのだから、これは勿論どちらがイイという話ではないが)。エルヴィン・ビショップの、ブルースやルーツ・ミュージックに対するリスペクトとその気持ちを率直に反映させたような音楽性は、先進的なロック表現といったものとは別の次元で、リスナーを楽しませてくれるし、彼の魅力はそこに尽きるだろう。

%%message%%