SHM-CD

Elton John: 僕の歌は君の歌+3

Elton John (エルトン・ジョン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY20041
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
追加情報
:
SHM-CD仕様

商品説明

永遠の名曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」を収録し、世界的なブレイク作となったセカンド・アルバム。自身のピアノやポール・バックマスターによるストリングスなど、厳かで品の良いアレンジが光る。
発表:1970年(英DJM)マスター:1995年(英Mercuryr制作)解説:1995年(ジョン・トブラー)歌詞・対訳付。

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
英語よくわからないけど、Take Me To The P...

投稿日:2013/07/31 (水)

英語よくわからないけど、Take Me To The Pilotは「パイロットにつれていって」ではないだろうというのはわかる。そんな日本語ないでしょう。 ということを昔から思っていた。

聖オーガスティン さん | IRELAND | 不明

1
★
★
★
★
★
華麗なエンターテイナーに変身する前の、瑞...

投稿日:2009/02/14 (土)

華麗なエンターテイナーに変身する前の、瑞々しい感性が光り輝く大傑作です。ジャケと音楽から、その後を予想することは出来ませんでした。 Sixty Years Onは最初に発売された時から、60才のころ と訳されていますが、これから60年後ですから、22才頃のエルトンが後期高齢者になったころをイメージした歌ですね。 今時の60才は、普通元気です。

mmm さん | 岡山市 | 不明

2
★
★
★
★
★
エルトン・ジョン初期の傑作。飛ぶ取り落と...

投稿日:2009/02/03 (火)

エルトン・ジョン初期の傑作。飛ぶ取り落とす勢いの1972〜76年の作品と比べると多少大げさな構えを感じるが、楽曲の持つ深みは素晴らしい。打ち込み中心で手軽に作られる音楽があまりに多いこの時代、それらとはかなり離れた位置にあるこれらの作品は、だからこそもう少し評価されて欲しいと思います。                                         

moonstreams さん | 島根県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Elton John

エルトン・ジョンはプロとしてのキャリアを作曲家という形で始めている。これは当時としてはかなり古典的なキャリアの始め方で、ティン・パン・アレイやブリル・ビルディング・サウンドなど、音楽出版をもとに商売をする、かつてのアメリカ伝統的ポピュラー界の職業作曲家達と同様のやり方だ。

プロフィール詳細へ

Elton Johnに関連するトピックス

おすすめの商品