CD 輸入盤

Music From Man Of La Mancha

Eliane Elias (イリアーヌ・イリアス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7205133
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

2015年に『Made in Brazil』でグラミー賞最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞を受賞し、2017年『Dance of Time』ではラテン・グラミー賞を受賞したマルチ・グラミー・ウィナー、イリアーヌ・イリアスのニューアルバムは大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル『ラ・マンチャの男』。
通算26作目となる本作は、1995年に録音された作品でオリジナル・ブロードウェイ・ミュージカル『ラ・マンチャの男』の後期コンポーザーだった故ミッチ・リーとイリアーヌによる共同プロデュース作品で全編歌なしのインストゥルメンタル作品。
イリアーヌのピアノと一緒に演奏するのは、エディ・ゴメス(b)とジャック・ディジョネット(ds)、そしてマーク・ジョンソン(b)と武石聡(ds)による2つのトリオ+マノロ・バドレーナ(perc)。
イリアーヌがブロードウェイ作品に取り組んだのは今回が初。ミュージカル『ラ・マンチャの男』の初演は1964年、もともとは17世紀の演劇スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』からインスパイアされた作品。
トニー賞も受賞している作曲家リーが直々にイリアーヌに『ラ・マンチャの男』の中からアレンジ、演奏してニュー・アルバムを出してほしいとアパートにやってきたのが本作品のきっかけ。「もちろん、ミュージカルのことは知っていたわ。そしてオリジナル・ミュージカルのアレンジを手掛けていたニール・ワーナーに連れられてアパートにリーが来たのだけど、ーがそのような大役に私を選んでくれたという話にうれしく思ったわ。彼は他の作曲家の曲を私がアレンジし演奏するのを気に入ってくれていたとのこと。『Eliane Elias Plays Jobim』を初めに聴いてくれていて、そのほかのものも聴いてくれ自分の曲も同じように私にアレンジして欲しいといってくれ、オリジナル・ブロードウェイ・キャストのCDを1枚くれたの。私が自分だったらもっと面白くできると思った曲を選んだわ。最終的にはブラジル/ラテン/ジャズの作品に仕上がったの。」とイリアーヌ。(輸入元情報)

収録曲   

  • 01. To Each His Dulcinea
  • 02. Dulcinea
  • 03. What Does He Want Of Me
  • 04. The Barber’s Song
  • 05. It’s All The Same
  • 06. I'm Only Thinking Of Him
  • 07. Man Of La Mancha (I, Don Quixote)
  • 08. The Impossible Dream
  • 09. A Little Gossip

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Eliane Eliasに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品