Egberto Gismonti

Egberto Gismonti (エグベルト・ジスモンチ) プロフィール

Egberto Gismonti | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

エグベルト・ジスモンチ(Egberto Gismonti Amin 1947年12月5日 - )はブラジル・リオデジャネイロ州カルモ (Carmo) 出身のマルチ楽器奏者・作曲家・編曲家・音楽プロデューサー。高い演奏技術を持つとともに、彼の作るリリカルな曲は様々なミュージシャンにもカバーされている。

生い立ち

1944年、ブラジル・リオデジャネイロ州の田舎町カルモ (Carmo) にて、レバノン人の父とイタリア人の母との間に生まれる。彼の家族は祖父と叔父がバンドを率いている音楽一家で、彼自身も5歳の時、クラシカルピアノ・フルート・クラリネットそして音楽理論のレッスンを開始する。10歳の時セレナータが好きな母のために独学でギターを始め、後にカスタムメイドの10弦、12弦、14弦の多弦ギターや両手タッピング奏法をマスターする。

8歳の時から15年間、彼はピアノを学ぶ為に、ジャック・クライン (en:Jacques Klein) とアウレーリオ・シウヴェイラ (Aurelio Silveira) に師事した。1964年、彼はクラシックをウィーンで学ぶための奨学金を獲得したが、ポピュラー音楽を専攻したいと考えるようになり辞退した。

歌謡曲の作曲家として

1968年、彼が作曲した100人編成のオーケストラを従えた歌曲"O Sonho"がリオデジャネイロのテレビ局Globo主催の第3回国際歌謡祭で高い評価を得た。

1969年、彼はフランスへ渡り、歌手のマリー・ラフォレの指揮者、編曲者として1年半働とともに、ジャン・バラケ、ナディア・ブーランジェ両名にインストゥルメンタルの師事を受けた。また、彼はファースト・アルバム『Egberto Gismonti』(Elenco) をリリースした。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%