CD

Eddie Costa Quintet

Eddie Costa (エディ コスタ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MZCS1132
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

31歳という若さで、交通事故の為にこの世を去った悲運のヴァイヴ&ピアノ・プレイヤー、エディ・コスタの数少ないリーダー作の中でも貴重な作品。白人らしいソフィスティケイトされたセンスと小粋にスイングし歯切れのよいプレイで地味ながらも多くのジャズ・ファンを魅了していた。フィル・ウッズ、アート・ファーマーなどの大物プレイヤーや若き日のポール・モチアンの演奏も聴きもの。本作と並ぶ代表作として『ザ・ハウス・オブ・ブルー・ライツ』(Dot)がある。

内容詳細

62年に交通事故のため夭折した鬼才コスタが残した2枚のリーダー作のうちの最初の一枚。元気なウッズと詩情豊かなファーマーを含むクインテット編成で、勢いのあるハード・バップが聴かれる。コスタの端正なヴァイブと躍動感あふれるピアノも個性的だ。(後)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Get Out Of The Road
  • 02. In Your Own Sweet Way
  • 03. Big Ben
  • 04. Nature Boy
  • 05. Blues Plus Eight
  • 06. I Didn't Know What Time It Was
  • 07. Stretch In "F"

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
夭折の天才ピアニスト、エディコスタが遺し...

投稿日:2007/06/29 (金)

夭折の天才ピアニスト、エディコスタが遺した1957年録音盤。ここでコスタはピアノとビブラフォンを演奏していますが「おっコスタだ」と明確に解る独特のピアノタッチは最後の一曲くらいです。むしろフィルウッズのバイタル溢れるアルト、アートファーマーの流麗なトランペットが聞き物になっています。二人ともに絶頂期の頃です。ドラマーはポールモチアンですが珍しく叩いています。

カンバン さん | 大阪府 | 不明

1

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品