Earl Klugh

Earl Klugh (アール・クルー) レビュー一覧

Earl Klugh | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

35件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 海外アーティストでフュージョンブームを牽引した1人...

    投稿日:2019/02/08

    海外アーティストでフュージョンブームを牽引した1人である。このアルバム、瞳のマジック、ハートストリングスあたりが一番脂の乗った作品で、よくTV番組のBGMやFMの番組のテーマ曲にもなっていた。Pメセニー、Gベンソン、Rカールトン、アジムスなど70年後半から80年初めにかけてFM「クロスオーバーイレブン」と共に歩んだアーティストである。3LP2CDのシリーズで所有しているが、懐かしさについ衝動買い(セール価格なので)してしまった。

    k.k さん |60代

    0
  • 今回、このCD化のために、新たにデジタルマスタリン...

    投稿日:2015/11/11

    今回、このCD化のために、新たにデジタルマスタリングをし直したようですが、 左右のチャンネルがオリジナルと逆になっています。 マスタリングエンジニアの意図の可能性もありますが、 英国版はポカミスが多く、単なる間違いかもしれません。 他国版に比べ、特に音質の改善も見られないようです。

    TAKA さん |50代

    0
  • 何と3枚分セットとは! 私は別のセット所持していま...

    投稿日:2012/10/06

    何と3枚分セットとは! 私は別のセット所持していますが、こちらもほしくなる。 リビング〜のタイトル曲は永遠の名曲です。この1枚に2枚が付いてきたといったらおこられますかね。。

    K552 さん |50代

    0
  • 77年の3作目、79年の5作目、84年の10作目を...

    投稿日:2012/03/07

    77年の3作目、79年の5作目、84年の10作目をコンパイルした3on2。 3作目の「Finger Paintings」は初期の代表作とされる作品で、私が初めて聴いたのも、これ。Orleansの”Dance With Me”も、本家より先にこのEarl Klugh版で知った。「Magic In Your Eyes」のところで「最初に聴いた」と書いたが、正確には「最初に買った」が正しい。耳にしたのは”Dance With Me”が先だ。 まあ、それは個人的なことだが、この流麗な”Dance With Me”を先に聴いていたので、後にオリジナルのOrleans版を聴いた時、いかにも間延びしたように聞こえた覚えがある。 ここに収録されている5作目の「Heart Strings」を買ったのを最後に彼のLPは買わなくなった(嫌いになったわけでなく、この時代、他にも欲しいLPがたくさんあったから)ので、もう1作の「Wishful Thinking」はLP時代には未聴。これを機会に初めて聴くことになるので、楽しみにしている。

    eddie さん |50代

    3
  • 76年の第1作、第2作と78年の第4作の3on2。 私...

    投稿日:2012/02/26

    76年の第1作、第2作と78年の第4作の3on2。 私の場合、一番印象深く、一番愛着があるのは、最初に聴いた第4作「Magic In Your Eyes」だ。ダニー・オキーフ作の”Good Time Charlie’s Got The Blues”を聴いて、友達と「一生聴ける音楽やな」と話したことを、鮮明に覚えている。 それから33年余が経ったが、その時の言葉通り、今も愛聴している。その”Good Time Charlie〜”は彼に最も影響を与えたであろう名手チェット・アトキンズとの共演。超絶技巧を駆使した演奏なのだが、肩肘張ったムードは皆無。まさに「一生聴ける」名演。

    eddie さん |50代

    0
  • ドリカムがやっと再発!私の夏のお供です。海、ドライ...

    投稿日:2011/02/12

    ドリカムがやっと再発!私の夏のお供です。海、ドライブ、オープンカフェ、午後のお昼寝などなど。真夏のどんなシチュエーションにも合いますよ。

    ぴーと さん

    2
  • The final stage of music ! ものすごく感動すること...

    投稿日:2010/10/16

    The final stage of music ! ものすごく感動すること(実際に感動した!)もできれば, 物思いにふけることもできるし、安らかに寝入ってしまうこともできるCDだと思う。 変幻自在の音はジャズ、ボサノバ、クラシック,民族音楽など既成の音楽のジャンルの垣根を飛び跳ねていってしまっている。これほどリリカルで弾んでいて心にスーっと入っていく音楽がこの世界にあるとは、、、。 世の中悪いことばかりでもないと思わせてくれる,涙目になるCDです。こんな音楽を作ることができるアールクルーは普段はどんなことを考えているのだろうか? ショパンが現代に生きていたら,このような曲を作っていたかもしれないと思った。

    HRWが恋人 さん

    3
  • LAURAやTRISTEなどのソロが最高です。 LPのときから...

    投稿日:2010/03/08

    LAURAやTRISTEなどのソロが最高です。 LPのときからよく聴いているお気に入りのアルバムです。

    CHLORIS さん |50代

    0
  • ソロで弾くShadow of Your Smile [Live] を探してやっ...

    投稿日:2010/01/10

    ソロで弾くShadow of Your Smile [Live] を探してやっと見つけたアルバムです。G.Bensonの賛辞が載って、リー・リトナーが共演している1976-7年の録音です。3曲のボーナスはLiveで儲けものです。

    tkato さん |50代

    0
  • デイヴグルーシンのストリングスアレンジが,アールク...

    投稿日:2009/10/30

    デイヴグルーシンのストリングスアレンジが,アールクルーの奏でる美しいメロディラインを優しく包みこむ。何回聴いても#4は本当に名曲だと思う。#7のルイスジョンソンのグルーヴ感たっぷりのソロも秀逸。

    GanGan さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%