CD 輸入盤

Live At The Summit, Houston 1976 (2CD)

Eagles (イーグルス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LFM2CD545
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1976年、ヒューストンでのライブを収録。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Hotel California
  • 02. Lyin' Eyes
  • 03. Wasted Time
  • 04. Take It to the Limit
  • 05. Desperado
  • 06. Midnight Flyer
  • 07. Turn to Stone
  • 08. Already Gone
  • 09. One of These Nights

ディスク   2

  • 01. Funk #49
  • 02. Good Day in Hell
  • 03. Rocky Mountain Way
  • 04. Witchy Woman
  • 05. James Dean
  • 06. Introductions
  • 07. The Best of My Love
  • 08. Walk Away
  • 09. Tequila Sunrise

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
これは「ホテル・カリフォルニア」発表の直...

投稿日:2021/07/10 (土)

これは「ホテル・カリフォルニア」発表の直前のライブで海賊盤です。 このライブでは2つほど特徴的なものを感じます。 まず「ホテ・カル」以前の曲が多く演奏されており、これらで 観客の感性が一段と大きくなります。グレン・フライやランディ・ マイズナーの歌声に自信が満ちあふれています。やはりイーグルスの 魅力はこの辺りにあると再確認しました。 そして、バンドのジョー・ウォルシュへの期待の大きさも感じます。 ウォルシュはバーニー・レドンが脱退する前から加入が決まっていたそうです。 バンドがヘヴィなサウンドを追及するために必要だったのでしょう。 いきなりソロ曲を4曲演奏しますが、イーグルスの好演も あいまって一段と迫力があります。さらに「魔女のささやき」 ではめったに原曲を変えない彼らが、演奏に一工夫するなど変化が あります。これもウォルシュ参加の影響でしょうか。 「地獄のよき日」もウォルシュ参加を見越したような曲になりま した。ドン・フェルダーとウォルシュのギターの相乗効果が発揮 されています。 そのフェルダーですが、「Midnight Flyer」でのバンジョーのソロ や「我が愛の至上」でのペダルスティール(多分)ソロは 珍しいですね。 以上のように「ホテ・カル」以降のイーグルスの土台ができています。 ドン・ヘンリーが「ヴォイス・オブ・イーグルス」として定着するのは これ以降ですね。

WM-102 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
内容が素晴らしい!! 持っているべき1枚...

投稿日:2020/11/11 (水)

内容が素晴らしい!! 持っているべき1枚なり。

Jordan Yoshio さん | 石川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
イーグルスが一番イイ状態の時のライブアル...

投稿日:2016/05/16 (月)

イーグルスが一番イイ状態の時のライブアルバムだけあって、内容は素晴らしいです。が、音がちょっとね…。 グレン亡き今、新作が期待出来ないのでもっと音源を出して欲しい。

エレパパ さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Eagles

70年代の人気をピークとして現在でも再編バンドとして人気を博しているイーグルス。ウエスト・コースト・サウンドの代名詞的存在だった彼らは、現在もある種の世代においてアメリカ的なるものを最も代表するバンドであり、その象徴としての役割をまっとうしているように見える。

プロフィール詳細へ

Eaglesに関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:さん