ビビリ 幻冬舎文庫

EXILE HIRO

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344425149
ISBN 10 : 4344425146
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
HIRO, EXILEHIRO ,  
追加情報
:
355p;16

内容詳細

形あるものは死すべき運命にある。ならば、常に変化し形を無くせばいい―。EXILEが輝き続けるための大胆なプロジェクトの数数は、心配性でビビリな性格だからこそ成功した。パフォーマーとしての引退を機に、人生のどん底から今に至るまでを赤裸々に綴る。「チャンスを呼ぶ言霊」「嘘と礼儀は紙一重」など、経営者としてのリーダー論も満載。

目次 : 第1章 引退(引退の日。/ 死すべき運命。 ほか)/ 第2章 バカ(こんな俺たちだってできたんだから。/ ストリートスマート。 ほか)/ 第3章 チーム(熱狂は続かない。/ 嘘と礼儀は紙一重。 ほか)/ 第4章 相棒(歳の差。/ 恋と尊敬。 ほか)/ 第5章 夢とリアル(夢が夢を呼ぶ。/ 自分の器を決めない。 ほか)

【著者紹介】
EXILEHIRO : 1969年生まれ。90年ZOOでデビュー。99年J Soul Brothersを結成し、2001年EXILEと改名して再始動。パフォーマー兼リーダーとして、また所属事務所LDHの代表取締役社長として、EXILEを国民的グループに押し上げる。13年パフォーマーを勇退。15年には文化庁長官表彰を受ける。リーダー兼プロデューサーとしてエンタテインメントの創造に心血を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 宮瀬 さん

    「大切な人のために戦うとき、愛する者のために戦うときこそ、人は本当の力を発揮する。」/「自分の器を決めるということは、自分の可能性の幅を狭めるということだ。」

  • 土井けいじ土井あゆみ さん

    HIROさんといえばEXILEのリーダーで元パフォーマー、そして所属事務所の代表取締役である❗️ この方の本なのですが、男はやはり何事にもこだわりがあって、同時に少しビビリのようだ(笑) ただ、どんな業界でも結果を出すために大事にすることは一緒で、また拘りについても、自分が欲しい成果に向かってどこに拘るかで得たい結果が変わってくると僕は学んできた? HIROさんの本を読んで、どんな道であれ目的・目標に向かって道を極めることのカッコ良いさや醍醐味をこの本であらためて見つめることができました‼️

  • パンダゴテ さん

    特にエグザイルのファンではなく成功者として気になり購入。感想としては成功する人はしっかりと考えているなーと。芸能界なので見た目が良かったり表現力が飛び抜けてるとかも必要だと思うがそれだけだと人気は一過性で終わる。自分のためよりも人のための夢や目標を持つことの大切さや1人の強さよりもチームワークの重要性など芸能界だけではなく一般社会にも通ずる原理原則を教えてくれた本。自分の長所、短所を把握することの大切さ。エグザイルのことを書いてるが普通に良いことが書かれていたので読んでよかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

EXILE HIROに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品