暮らしの手帖

ECD

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594060619
ISBN 10 : 4594060617
フォーマット
出版社
発行年月
2009年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ECD ,  
追加情報
:
20cm,203p

商品説明

日本を代表するラッパー/トラックメイカーであり、様々な運動にもコミットするアクティヴィスト、ECDによる、初の短編小説集。
極私的でありながら、普遍的であること。両親との葛藤、恋愛の悦びと焦燥、結婚生活の不安と安堵、子育ての苦悩といった、多くの人間がそのライフコースにおいて直面する問題が率直に描かれている。

※出版社都合により、発売日・価格・仕様等に関しましては、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容詳細

親とすれ違い、アルコールに倦み、若い恋人に惑い、三角関係に立ち止まる…それでも、生活は続く、愛は続く。苛立ちと幸福の間でさまよう魂の軌跡を描く心揺さぶる短編集。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miho Haruke さん

    時系列がめちゃくちゃなままこの夫婦の物語を読みすすめている。私はECD寄りの読み方をしているが、もう少ししたら感想を書くかも。

  • 真・じゃが さん

    短編集。表題作「暮らしの手帖」が最良の作品でしょう。作者を想わせる中年でラッパーの主人公と二十代前半の恋人「七子」の同棲生活から「七子」の妊娠までが描かれます。主人公が、妊娠発覚をきっかけに、自身と「七子」、彼女の若い恋人「ニノミヤ」の間の三角関係を受け入れて行くまでの心の揺れがリアルに感じられました。ECDの小説をもっと読みたいです。

  • フロム さん

    以前も書いた気がするが、文章が本当に上手い。ラッパーと言う職業と言うせいかもしれないが、一言一言よく考えられて紡がれている。読んでて全く文章をイメージできないシーンが一つも無かった。これって凄いことですよ。文章だけ見れば全く持って文学賞レベルなのだが、書いてある内容が読み手を選ぶので、ピンと来ない人は全く駄目だと思う。僕も前作は失点イン・ザ・パークは楽しめたが。本作はちょぼちょぼです、、、。

  • v&b さん

    うーん、集中できず、雑に読んでしまった。 終り方に優れた短編が多いので、いずれ読んでみるかな。 ただ、ECD初心者にはやや辛い内容かも。中級車以上向けかな?

  • landless さん

    失点ザパークで鮮烈な活字デビューを果たしたECDだが、それ以降のECD書籍は若干の物足りなさを感じてた。でも今回の書籍に含まれる短編「暮しの手帖」には久々にノックダウン。なんだろうか、救いがないのにアイがある。ブコウスキー的な痛々しさ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ECDに関連する商品情報

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド