Dusko Goykovich
新商品あり

Dusko Goykovich (ダスコゴイコヴィッチ) レビュー一覧

Dusko Goykovich | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

10件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • これ、enjaの「アフターアワーズ」 曲順入れ換えただ...

    投稿日:2015/03/12

    これ、enjaの「アフターアワーズ」 曲順入れ換えただけじゃね? メンバーもいっしょだし、別vir.かな?

    キンちゃん さん |50代

    1
  • Ward enja-TOKUMAJapan盤を購入しました。ジャケット...

    投稿日:2010/02/18

    Ward enja-TOKUMAJapan盤を購入しました。ジャケットのお顔がダスコさんでしょう。優しい瞳で人相も好きです。 哀愁に満ち溢れ、かってのハードバップブームをも凌駕するかの如き作品も多くかつ秀作揃いです。演奏は決して熱過ぎず抑制が効いてまして、聴き手も「楽で良い気分に浸る」ことが出来ます。 この幾分かの「力の抜き加減」も素晴らしい名盤です。 1993年6月28-29日NY録音。 当時は、「ストレイト・アヘッド」なる形容詞の付いたJazzが流行っていまして、若手のミュージシャンに活字メディアは注目し過ぎていたと思います。 やはり本物は静かに存在していたのです。 バッキング・ミュージシャンも「いぶし銀」のトミフラさんなどナイス・アシストで☆5でしょう。

    StopThe廃盤・絶版委員会 さん |50代

    1
  • HQCD-enja コロムビア盤を購入しました。 1971年...

    投稿日:2010/02/09

    HQCD-enja コロムビア盤を購入しました。 1971年11月スペイン、バルセロナでの録音。何でまた73年6月あたりまで続いたフランコ独裁政権状況のスペインで録音したのか疑問だった。 一曲目から、Tete Montoliuのピアノのフレーズが素晴らしい。その変幻自在な演奏でまず掴まれました。 Tete氏は1933年 Barcelona生まれ。よって本作録音時は39歳あたりでしょうか。Dusko氏は1931年生まれで41歳あたりかな。 ダスコ氏がテテ氏の故郷へ出かけて収録した名盤です。 このアルバムの原題は”Ten To Two Blues”とのライナー・ノーツに解説があります(一部抜粋しました)。 メランコリック、ロマンティックなメロディーや良い塩梅の緊張感も素晴らしい。 11月9日のBarcelonaは、地中海性気候の環境もあり適度に温暖だったのでしょう。 名曲、名演奏に感激しました。

    StopThe廃盤・絶版委員会 さん |50代

    1
  • ジャズというかブラジリアンというか何とも形容し難い...

    投稿日:2006/10/12

    ジャズというかブラジリアンというか何とも形容し難い作品ではありますが、その辺のことを置いといて秋の夜長に聴くにはピッタリなアルバムです。非常に耳馴染みの良いサウンドですので、普段ジャズやブラジル音楽に馴染みがない方にもとっかかりとしてオススメな1枚かも?

    サンバ・カーニバル さん

    1
  • これほど哀愁を帯びた素敵な曲はそうあるものではあり...

    投稿日:2015/12/07

    これほど哀愁を帯びた素敵な曲はそうあるものではありません。一曲目のSamba Do Mar ! この一曲で星は五つ。なんと美しく心を打つそしてダンサブルな曲でしょうか。何度も何度も聴いています。他の曲もいいです。ダスコ・ゴイイヴィチは何枚か持っているのですがこんな名盤があったとは。素晴らしい!

    moodys さん

    0
  • 名盤が隠れていました。その名も「スラヴ・モード」。...

    投稿日:2010/01/29

    名盤が隠れていました。その名も「スラヴ・モード」。 「欧州ではロン・パリはじめ、Enja,Steeplechaseなどドイツ、デンマークのレーベルが著名な時代に、とりわけ東欧(ポーランド、ハンガリー、ロシア)のジャズ・シーンはあまり知られていなかった」「ダスコ・ゴイコヴィッチは、1931年ボスニア・サイドの”Jajce,ヤイツェ”生まれで、ベルグラードからドイツなどで音楽活動をしていた」とはライナー・ノーツより一部抜粋しました。  1974年ローマ録音ゆえに、44歳あたりの頃の作品でしょう。2010年では、80歳になられる。 本作は、緊張感あり、民族風味(ethnic folk melodies)あり、哀愁に満ちた楽曲もあり素晴らしい出来だと思います。彼はその後、ビッグバンド編成を経て、90年代あたりから欧州を代表するジャズ演奏家の一人になられたようです。現在でこそユーロジャズは人気がありますが、以前より地道な演奏活動をされていたのですね。どんどん素晴らしい音源を発掘し紹介してほしいものです。  時代が音を開放してくれたのでしょうか。”Slavic”もいい感じですよ。

    StopThe廃盤・絶版委員会 さん |50代

    0
  • ゴイコヴィッチの目立ちませんが、なかなかの名盤です...

    投稿日:2009/09/24

    ゴイコヴィッチの目立ちませんが、なかなかの名盤です。

    hmv1 さん |40代

    0
  • dusko gojkovicを初めて聴いた作品だったのですが、こ...

    投稿日:2006/10/24

    dusko gojkovicを初めて聴いた作品だったのですが、これまで聴いて無かった後悔と、これからいろんな作品を聴ける喜びが満ち溢れました。 かっこよすぎです!!

    テーラー さん

    0
  • 旧ユーゴスラビア出身のトランペット・フリューゲルホ...

    投稿日:2005/03/22

    旧ユーゴスラビア出身のトランペット・フリューゲルホーン奏者、ダスコ・ゴイコヴィッチ。 70才を超えて尚、意気軒昂である。 トランペッターのリーダー作はサックスを入れてクインテットにしたがるが、 この作品はピアノトリオ+1ホーンのカルテットである。 全体的にスローテンポで、バラードが中心のアルバムである。 ミュートを用いた曲が6曲もあり、そのての音を好む方におすすめ。

    ponty/girasoli2005 さん

    0
  • ダスコはやっぱりハードバップがいい。売れ筋のサンバ...

    投稿日:2003/12/08

    ダスコはやっぱりハードバップがいい。売れ筋のサンバはいかがなんものかね。ジャケもきもいね。それとペットの音色とか力が落ちている。エンヤ盤がなつかしい。ところで、HMVさん。Ambaじゃなく、Sambaでしょ。体操競技じゃないんだから。

    easyyan さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%