CD

ハートに火をつけてdoors

Doors (ドアーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AMCY3040
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

’67年発表、ドアーズの記念すべきデビュー・アルバムであり、ロック史上に残る名作!! ドアーズ・サウンドのヒリヒリした透明さや、冷たく光る熱といったような個性は、同時代のバンドと比べて圧倒的な単独性を感じさせる。サイケというとフラワー的なものが一般的だった時代に西のドアーズと東のヴェルヴェッツのサウンドはやはり突出していた。ブギっぽいイントロから始まる@の力強さにB「水晶の船」という美しいイメージ、クルト・ワイル作D(クルト・ワイル・トリビュートでは元NYドールズのメンバーが歌ってた)そしてレイ・マンザレクのオルガンが唸る永遠の名曲E「ハートに火をつけて」、圧倒的なラスト曲Jと寸分の隙もない完全なるアルバム。やはりジム・モリスンの声がスゴイが、メンバー(ベースなし)の演奏力も最高級もの。

内容詳細

ロック史に名を残したドアーズの記念すべきデビュー盤。67年のアルバムだがドアーズ・ファンは今も多い。シンセ類を多様する最近のバンドと違いシンプルな音。「The end」という曲名はジム・モリソンの死を予言するかのようだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ブレイク・オン・スルー
  • 02. ソウル・キッチン
  • 03. 水晶の舟
  • 04. 20世紀の瓶
  • 05. アラバマ・ソング
  • 06. ハートに火をつけて
  • 07. バック・ドア・マン
  • 08. 君を見つめて
  • 09. エンド・オブ・ザ・ナイト
  • 10. チャンスはつかめ
  • 11. エンド

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Doors

60年代を彩ったアメリカのロック・バンドの中でも一際、際立った存在感と、そのユニークなサウンドで人々を魅了したドアーズ。その奇跡的ともいえるバンドのアンサンブルの妙と、ヴォーカリスト、ジム・モリスンのカリスマティックなヴォーカル/パフォーマンスはもはや神話化されたともいえる。

プロフィール詳細へ