Dokken
新商品あり

Dokken (ドッケン) レビュー一覧

Dokken | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

216件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 買ってみたら、2枚組だったよ。Turn On The Action ...

    投稿日:2017/05/11

    買ってみたら、2枚組だったよ。Turn On The Action 他2曲入っていました。

    DONLYNCH さん |50代

    0
  • やっぱこれでしょ!ジャケットも含め最高傑作。

    投稿日:2015/07/09

    やっぱこれでしょ!ジャケットも含め最高傑作。

    ホーぺ さん

    2
  • DOKKENが頂点を目前した時代のアルバムです。硬派なメ...

    投稿日:2012/04/08

    DOKKENが頂点を目前した時代のアルバムです。硬派なメロディを主体にしたハードロックを聴かせてくれます。代表作である次作”Back for The Attack”ではよりヘヴィになりますが、この3rdが一番というファンも多いのではないでしょうか。初めて聴いてから20年以上になりますが、未だによく聴いています。

    teen's heart さん |40代

    1
  • どんなにお互いが嫌いでも、4作目の「バック.フォー....

    投稿日:2012/04/02

    どんなにお互いが嫌いでも、4作目の「バック.フォー.ジ.アタック」に伴うツアー後に解散するまでの間、間違いなくドン(Vo)とジョージ(G)の間にはケミストリーがあった事は間違いの無い事実であり、それを証明するのがやはり、楽曲でありアルバムだと思う!彼等のファンの間では本作か次作の「アンダー.ロック.アンド.キー」をベストとする意見が二分すると思われるが、個人的には次作の方が好みの楽曲が多いのだが本作もまたジョージ.リンチというギタリストを語る上で外す事の出来ない名盤である!! ライヴでは定番の#2、#3、#7、#9、を始め、聞いただけでジョージと分かる#6やファスト.チューン#10など聞き所が満載のギターアルバムで、ドンの激しくもあり哀愁を帯びた歌いまわしは当時の「L.A.メタル」ブームにおいて異質の存在でもあった!ギターキッズはお手本にすべき名盤中の名盤!!

    蒼詩 さん |40代

    0
  • メロディという点で言えば彼らの中で1番良いアルバム...

    投稿日:2011/09/04

    メロディという点で言えば彼らの中で1番良いアルバムだと思う。

    たこしち さん |40代

    1
  • 63分もの劇的なドラマが凝縮された本作品は、ジョー...

    投稿日:2011/06/25

    63分もの劇的なドラマが凝縮された本作品は、ジョージ・リンチの激しいギター・ソロが自由奔放に空間を埋めている。 ドッケン特有のポップな感覚が随所に散りばめられ、メジャーなサウンド作りはハード・ロックの王道を貫いている。80年代中期当時はポップでキャッチーなハード・ロックを求められていた。まさにドッケンの最も得意とする世界でもあった。 しかし、この’87年にリリースされたアルバムは逆説的なヘヴィな仕上げで勝負にでたのだった。リズムは重く、ギターはうなり、ヴォーカルも太い。 しかもヴォーカルがリーダーのアルバムにインストまでもが収録されている本当にすごいアルバムです。 全米アルバムチャート13位(スウェーデン19位・全英96位)を記録。 本作から「バーニング・ライク・ア・フレーム」が全米72位、全英78位をマークした。 あの時代の、いや今でもHR/HMの好盤と思います。

    den park さん |40代

    2
  • 「ジョージ.リンチ」と言えばロック界ではエディー.ヴ...

    投稿日:2010/11/21

    「ジョージ.リンチ」と言えばロック界ではエディー.ヴァン.ヘイレン同様、ギタリストとして「超」が付くトップ.ブランドだが、その過去はあまり知られておらず、ドッケン加入前はエキサイターズなるバンド等のL.Aを中心としたローカル.バンドを渡り歩き、有名な話としてソロ活動を始めたオジーのオーディションで髪が短いとゆう理由(?)で正ギタリストの座をランディ.ローズに奪われるなど、これがなかなかの苦労人なのである。そんな遅咲きの彼も、このドッケンにて一気にその才能を開花させ今作は間違い無くバンドにとっても、ジョージにとっても「代表作」であることは疑いの余地は無いだろう!!#1のイントロを聞くだけでジョージだとわかる、どこかオカルトっぽい独特のフレーズや電光石火の速弾きなど聞き所満載の素晴らし「ギターアルバム」である。ドンの独特の歌いまわしにジェフとミックの分厚いコーラスも加わり、サウンドと歌に厚みがある所が同時期に活躍した「L.Aメタル」のバンドと一線を画す様に思える。ランニングオーダーも完璧で80年代を代表する名盤の一つに数えられるであろう仕上がりを見せている。

    蒼詩 さん |30代

    1
  • アルバム5枚でこの値段は安い。ベスト盤買うより、こ...

    投稿日:2010/08/09

    アルバム5枚でこの値段は安い。ベスト盤買うより、こっちを買ったほうがいいね。

    sabbath sabbath さん

    0
  • ジョージの切れ味鋭いソロが暴れまくる、荒々しくヘヴ...

    投稿日:2010/05/28

    ジョージの切れ味鋭いソロが暴れまくる、荒々しくヘヴィーな前半。一転して後半は優しくメロディアスな歌モノ中心の曲が並ぶ。どちらかといえば、前半のジョージsideの方が好きだが、それにしても全曲通して、クォリティーの高さは半端ではなく、捨て曲など存在しない屈指の名盤。

    がすたふ孫 さん |40代

    1
  • 「Back for the attack」アルバムでの日本ツアーを収...

    投稿日:2010/05/17

    「Back for the attack」アルバムでの日本ツアーを収めたアルバムです。ヴォーカルのドンとギタリストのジョージの人間関係は最悪状態に陥り、バンドは解散寸前の状況でこのライブを行っています。おそらくジョージはバンドを脱退することを決意しながらのライブだったと思うのですが、だからこそ、ファンを大切に素晴らしい演奏をしたのでしょうね。(なかにはモチベーションが低下していく人もいますが)ジョージがソロになるにあたって、やはりファンに支えてもらわなければ、今後の活動は上手くいかないということを認識していたのでしょう。とにかく、ジョージが本気で演奏しているだけあって、バンドの演奏のレベルもハンパではありません。ベースのジェフのコーラスも最高に聴かせてくれますし、入っているのは名曲ですしね。このアルバムでは新曲Mを最後に入れていますが、発売当初はこの曲はなく、2枚組でしたね。もちろんですが、2枚組のほうが良いです。

    ラッキーな男 さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%