Dokken
新商品あり

Dokken (ドッケン) レビュー一覧 2ページ目

Dokken | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

216件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • メロディという点で言えば彼らの中で1番良いアルバム...

    投稿日:2011/09/04

    メロディという点で言えば彼らの中で1番良いアルバムだと思う。

    たこしち さん |40代

    1
  • 「ジョージ.リンチ」と言えばロック界ではエディー.ヴ...

    投稿日:2010/11/21

    「ジョージ.リンチ」と言えばロック界ではエディー.ヴァン.ヘイレン同様、ギタリストとして「超」が付くトップ.ブランドだが、その過去はあまり知られておらず、ドッケン加入前はエキサイターズなるバンド等のL.Aを中心としたローカル.バンドを渡り歩き、有名な話としてソロ活動を始めたオジーのオーディションで髪が短いとゆう理由(?)で正ギタリストの座をランディ.ローズに奪われるなど、これがなかなかの苦労人なのである。そんな遅咲きの彼も、このドッケンにて一気にその才能を開花させ今作は間違い無くバンドにとっても、ジョージにとっても「代表作」であることは疑いの余地は無いだろう!!#1のイントロを聞くだけでジョージだとわかる、どこかオカルトっぽい独特のフレーズや電光石火の速弾きなど聞き所満載の素晴らし「ギターアルバム」である。ドンの独特の歌いまわしにジェフとミックの分厚いコーラスも加わり、サウンドと歌に厚みがある所が同時期に活躍した「L.Aメタル」のバンドと一線を画す様に思える。ランニングオーダーも完璧で80年代を代表する名盤の一つに数えられるであろう仕上がりを見せている。

    蒼詩 さん |30代

    1
  • ジョージの切れ味鋭いソロが暴れまくる、荒々しくヘヴ...

    投稿日:2010/05/28

    ジョージの切れ味鋭いソロが暴れまくる、荒々しくヘヴィーな前半。一転して後半は優しくメロディアスな歌モノ中心の曲が並ぶ。どちらかといえば、前半のジョージsideの方が好きだが、それにしても全曲通して、クォリティーの高さは半端ではなく、捨て曲など存在しない屈指の名盤。

    がすたふ孫 さん |40代

    1
  • 「Back for the attack」アルバムでの日本ツアーを収...

    投稿日:2010/05/17

    「Back for the attack」アルバムでの日本ツアーを収めたアルバムです。ヴォーカルのドンとギタリストのジョージの人間関係は最悪状態に陥り、バンドは解散寸前の状況でこのライブを行っています。おそらくジョージはバンドを脱退することを決意しながらのライブだったと思うのですが、だからこそ、ファンを大切に素晴らしい演奏をしたのでしょうね。(なかにはモチベーションが低下していく人もいますが)ジョージがソロになるにあたって、やはりファンに支えてもらわなければ、今後の活動は上手くいかないということを認識していたのでしょう。とにかく、ジョージが本気で演奏しているだけあって、バンドの演奏のレベルもハンパではありません。ベースのジェフのコーラスも最高に聴かせてくれますし、入っているのは名曲ですしね。このアルバムでは新曲Mを最後に入れていますが、発売当初はこの曲はなく、2枚組でしたね。もちろんですが、2枚組のほうが良いです。

    ラッキーな男 さん

    1
  • 過去の作品の素晴らしさ(全部録り直し)と、新曲2曲...

    投稿日:2010/05/17

    過去の作品の素晴らしさ(全部録り直し)と、新曲2曲が往年のハードロックに戻っていること、それから、ジェフのギター・ワークのカッコよさで、満点をつけたいくらいですが、何と言っても、ドン・ドッケンのヴォーカルが・・・全盛期の透明感はもはやないということを、証明するアルバムとなってしまいました。しかし、よく考えると現在の歌声をさらけ出すことは、ドンもかなり勇気がいったはずです。歌メロを崩しながらもなんとか上手く歌っているのも事実です。本当は☆3つですが、ドンの意気込みを高く評価して☆4つにしました。(ベストだから、精神的な視点も入れてしまいました。)

    ラッキーな男 さん

    1
  • もっと選曲を考えた方がよかったかもしれませんね。 ...

    投稿日:2010/04/30

    もっと選曲を考えた方がよかったかもしれませんね。 ”Breaking The Chains” あたりだとドン・ドッケンが歌メロを崩しつつもなんとか歌えていますし、ジョン・レヴィンのギターもいいので新録ヴァージョンもなかなか良い感じです。 でも、”Unchain The Night” は外すべきでしたね。 キーを下げてもまったく歌えないドンのあまりのヒドさに、聴いているだけで泣けてきます。 レコードでさえこれなんですから、ライヴで歌えないもの納得ですね。(もう期待してませんけど)

    銀平 さん |40代

    1
  • はっきりいうと、駄作的なベストであります!選曲は悪...

    投稿日:2010/04/21

    はっきりいうと、駄作的なベストであります!選曲は悪くないが、ドンの酒でやけただれた声、タバコの吸いすぎで高音域皆無的な声、肉の食い過ぎで肥満化した体型というノスタルジックな気持ちを完全にぶち壊すアルバムです(苦笑)ただし、ジョンのギタープレイはわかかりし頃のジョージを彷彿とさせ全開プレイ!バリーの重いベースプレイも最高!ミッキーのコーラスも最高!これでジェフがドンの代わりに歌っていたら最高のアルバムになってた事でしょう!ドンの凋落ぶりは、イアンギランとかルーグラムレベルよまじで(笑)ドッケン知らないわかい子供たちがきいたら「Vo変えたほうがいい!」っていわれそう(泣)ジョージが復帰したところで、たいして成功はしないんだから、このままジョンでいってくれ!!誰も再結成なんて望まないから!!去年発売されたドンのソロアルバムは全編アコースティック作品だったが高音域唄えないなら、無理もないかメタルは唄えない!っていう感じで納得!ラットやクロークスが再結成して最高のアルバム作って、すこぴーも最期を飾る名作作ったのに、ドンの声がこれじゃだめだわ?(泣)マイネやストレイスを見習えよドンドッケンさんよ!!

    krokus さん |30代

    1
  • メタリックさんに同感。ラウドパーク09のドンの声には...

    投稿日:2010/03/04

    メタリックさんに同感。ラウドパーク09のドンの声にはがっかりさせられました。ただジョージ・リンチが出てきた「トゥース&ネイル」には興奮しました。もう既にドッケンにジョージ・リンチが復帰してアルバム作ってツアーをする予定があるそうです。そちらに期待☆

    ダイジロー さん |20代

    1
  • この完成度の高いアルバムのサウンド・プロダクションに最も貢献し...

    投稿日:2009/06/18

    この完成度の高いアルバムのサウンド・プロダクションに最も貢献しているのは、プロデューサーというよりむしろトム・ショルツだろうな(笑)同様にZZトップの『アフター・バナー』もそうだが、エフェクト・ツール『ロックマン』の全面的使用により音の骨格やエッジの部分で独特の存在感を示し、もともとメロディアスでポップ志向の楽曲と巧く噛み合ったという事だと思う。

    タカヒロ さん |40代

    1
  • 当時は、ジェイク・E・リー、ウォーレン・ディ・マル...

    投稿日:2009/06/02

    当時は、ジェイク・E・リー、ウォーレン・ディ・マルティーニと並んでLAメタルの花形ギタリストだったジョージ・リンチのカミソリギターが炸裂。メロディも哀愁を帯びてGOOD。しかし、この三人のギタリスト。テクニックもルックスもステージ・パフォーマンスもカッコよかったなぁ。

    方向おんち さん |40代

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%