DVD 輸入盤

ベルリン・フィルと第三帝国〜ドイツ帝国オーケストラ(日本語字幕付)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
101453
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
白黒
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

“ベルリン・フィルと第三帝国〜ドイツ帝国オーケストラ”

ナチス政権下時代のベルリン・フィルを、団員の証言と当時の演奏を中心とした映像により活写したドキュメンタリー『ベルリン・フィルと第三帝国』(原題:The Reichsorchester)をご紹介します。楽団創設125年を迎えた昨年、同フィルの125周年フェスティバルに前後して上映され、非常に高評価を得た同作品。日本語字幕もご用意し、わが国でもクラシックファンの皆さまのみならず、多くの歴史ファンにご覧頂きたい作品です。
 映画『ベルリン・フィルと子どもたち』の監督、エンリケ・サンチェス・ランチが手がけたドキュメンタリー。125年という楽団の長い歴史の中でタブー視されてきた1933年〜45年までのナチス政権下にスポットを当てた作品です。1936年ベルリン五輪で指揮するリヒャルト・シュトラウスの初出映像をはじめ、ヒトラー生誕記念前夜祭でのフルトヴェングラーの第九、楽団をバックに演説するゲッベルスの映像などを収録。当時を振り返りながら語る楽員へのインタビューを元に第三帝国下の楽団を検証していきます。


ベルリン・フィルと第三帝国〜ドイツ帝国オーケストラ
ドキュメンタリー作品

収録時間:本編90分、特典映像10分
画面:16:9、カラー/モノクロ
音声:Dolby Digital 2.0
字幕:英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、日本語
NTSC
Region All(Code:0)

収録曲   

  • 01. ベルリン・フィルと第三帝国~ドイツ帝国オーケストラ

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
見応えがあった。ベルリン・フィルの団員の...

投稿日:2017/06/16 (金)

見応えがあった。ベルリン・フィルの団員の多くやフルトヴェングラーはナチ党員ではなく、密かにユダヤ系の人たちを守ったりしていたが、結局はナチの文化政策の看板として利用されていく。音楽はどうあるべきなのか。音楽と政治、社会の関係について考えさせられた。当時の状況を考えると、カラヤンのように、自らナチ党に入り、活躍の場を拡げようとした人たちを簡単に非難することもできない。

くまたろ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
フルトベングラーの神々しい演奏風景。それ...

投稿日:2012/08/08 (水)

フルトベングラーの神々しい演奏風景。それを瞬き一つせず聴き入る工場労働者たち。この映像はどうみたって演出されたはめこみ映像ではないか。それよりも、精神的に深いと言われたフルトベングラーの第1の理解者たちである当時のドイツ国民の多くがナチス協力者なのだから驚く。精神的な音楽に随喜の涙をながす人間が、このていたらくなのだから本当に驚く。要は精神の深さと善悪はイコールではないことの実証ではないか。精神的に深い演奏に感動したからといって、その人間が本当の意味で人間的に成長するわけではないのだ。フルトベングラーを乗り越るために、カラヤンが善悪と無関係な美の世界に没入した理由がやっと分かった。精神的に深かろうが、浅かろうが善悪とは無縁であることを知らしめた優れたドキュメントである。

ねこ さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
楽器は達者でも、他の面では只の普通の人た...

投稿日:2008/06/08 (日)

楽器は達者でも、他の面では只の普通の人たちだった事がよくわかる。音楽家、特にオーケストラプレーヤーとはそんなものだ。日本語字幕は最悪。素人でももっとうまく出来ただろう。

henri さん | nagano | 不明

3

おすすめの商品