DVD 輸入盤

ドキュメンタリー『ギドン・クレーメル 自分の声を見つけること』(日本語字幕付)(+ヴァインベルグ:24の前奏曲 2017年モスクワ・ライヴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ACC20414DVD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明


日本語字幕付き
ヴァインベルグ生誕100年最大衝撃のドキュメンタリー
クレーメルが自身の人生とヴァインベルグへの熱い思いを語り尽くす!


日本語字幕付き。ギドン・クレーメル初のドキュメンタリー映像は、世界を股に掛ける活動を追いながら、70年に及ぶ彼の人生遍歴と旧ソ連の歴史的環境を考察します。クレーメルがドイツ語で自身についてや考えを述べることを中心に、彼がいろいろな人々と交流したり、演奏する様が収められています。ロケは世界各地に及び、故郷ラトビアのリガ、修行したモスクワ、長女の住むパリ、そして1997年に読売日本交響楽団とヴァインベルグの協奏曲を披露する東京の場面まで現れます。
 アルヴォ・ペルトと散歩しながら未来の音楽家たちへの不安と期待についてロシア語で語り合う場面では、老境を迎えた巨匠たちの心境が垣間見られて心打たれます。また娘たちとの気のおけない会話では優しい父の顔を覗かせます。
 しかし作品の中心テーマは、現在クレーメルが熱中している作曲家ヴァインベルグが軸となっています。37年ぶりに戻ったモスクワで、ユロフスキー指揮のロシア国立交響楽団とヴァイオリン協奏曲上演を実現させる様を描いており、ロシア語を話すユロフスキーの姿や、終演後楽屋を訪れたヴァインベルグ未亡人と感動の初対面も逃さず収録しています。
 それに先立ち、ゴーゴリ・センターでのリサイタルで『24の前奏曲』全曲を披露しますが、ヴァインベルグと同時期の旧ソ連リトアニアの写真家アンタナス・ストクスの写真を同時に投影することで、英雄や宣伝でない市井の人々が当時何を考え、どのような精神状態のもと暮らしていたのかを視覚と聴覚から問題提起します。終演後のシンポジウムでは、共鳴した経験者たちの熱い討論が展開されますが、クレーメルには依然ソ連体制への恐怖心がトラウマとなっているのがわかり、深く考えさせられます。そして何故今、ヴァインベルグの音楽にこだわるのかも納得できます。
 興味深いのが東京のシーン。コンサートの合間に訪れた寺院での穏やかな表情をはじめ、かつてのカミソリのように鋭い感覚が円熟の境地に至ったことを物語ります。(輸入元情報)


【収録情報】
● ドキュメンタリー『ギドン・クレーメル 自分の声を見つけること』

 2019年、ポール・スマチヌィ監督作品
 57分21秒
 字幕:日独英仏韓

● コンサート『失われた時代への前奏曲集〜ヴァインベルグ/クレーメル編:24の前奏曲 Op.100』

 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 収録:2017年11月モスクワのゴーゴリ・センターに於けるコンサート・ライヴ
 50分43秒

 画面:カラー、16:9
 音声:PCM STEREO、DD5.1、DTS5.1
 NTSC
 Region All


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品