Django Reinhardt
新商品あり

Django Reinhardt (ジャンゴ・ラインハルト) レビュー一覧

Django Reinhardt | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

16件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ジャンゴ・ラインハルトを聴いてみたくなって、この1...

    投稿日:2011/05/29

    ジャンゴ・ラインハルトを聴いてみたくなって、この10枚セットを購入してみた。34年から53年までの録音が含まれており、ほぼ彼の全貌をうかがい知ることができるのではないかと思う。CD8とCD9が丸ごと逆の内容になっていたり、一部の曲で印字されているものと実際の収録曲が異なっていたりといった難点もあるが、この価格であるから良しとしよう。彼のソロ録音がどれほど残されているのか知らないが、もっとソロ演奏を聴いてみたくなった。この頃、地震も少なくなってきて、このまま終息してほしいが、精神的にリラックスしたいときは、スウィング系が一番良い。ここしばらくは、あまり細かいことは考えずに音を楽しんで、そのうちいろいろ調べてみようと思う。

    すたんうぇい さん

    1
  • ジャンゴは知る人ぞ知るって感じで、昔はヨーロッパJ...

    投稿日:2011/05/05

    ジャンゴは知る人ぞ知るって感じで、昔はヨーロッパJAZZの雄、ジプシーギターとか言われていたような。感じとしては(いわゆるあくまでも個人の感想ですが)、秋の夜に静かにハイネケンでも飲みながらお気に入りの本を読みながら聞きたい音楽といったところでしょうか。音色としてはアントンカラスとか勘太郎につながるところもあると思いますが。何か一枚アルバムを持っていても良いミュージシャン、アーティストと思います。お試しあれ。

    nonkipapa さん |50代

    0
  •  Integrale のシリーズとして2枚組のCDが全20巻の全...

    投稿日:2010/10/28

     Integrale のシリーズとして2枚組のCDが全20巻の全集として発売されているが、本作「saison 3」は第15〜20巻をボックスセットにしたもの。これに先立って発売された「saison1/2」と併せて本作を購入すれば、ジャンゴ・ラインハルトの演奏をコンプリートできることになっている。  注目されるのは、かつて「Djangology / ジャンゴロジー」として発売されていたローマ・セッションの全貌がわかることであろう。名曲の名演として語り継がれていた演奏に、未発表の録音がたくさん出てきた。グラッペリのヴァイオリンの他のメンバーは、勉強不足でどのような演奏家なのか私は知らないが、なんだかジャンゴとグラッペリの演奏の熱に触発されて、とても良い演奏をしていると思う。  ギターの技術的なことを言うと、スケール的なフレーズとアルペジオ的なフレーズ、言い替えれば水平的なフレーズと垂直的なフレーズのバランスが優れている。後者はピックでギターを弾こうとした場合にかなりの困難さを伴うが、難なくこなしている。しかもかなりのスピードで安定しているところを見ると、同じギタリストには非常に妬ましく感じられることだろう。  面白いのは「What Is This Thing Called Love ?」のエンディングで、「ホット・ハウス」のメロディーを引用していることだ。ある時期からジャンゴのフレーズが変化してきていることは知っていたが、このような引用をするところから見てもアメリカのビバップをかなり意識しているように思う。  先行して発売された「saison 1~2」同様お買い得感が非常に高い。歴史的・音楽的に重要な演奏家の記録は、このような形でどんどん発表してほしいと思う。

    レニー さん

    3
  • 生演奏の一発録りは、奏者のあらゆる深みが聴けて興味...

    投稿日:2010/08/04

    生演奏の一発録りは、奏者のあらゆる深みが聴けて興味深い。リアルタイムでは、その場の雰囲気で騙す兵、また騙される輩も数多い。しかし、インプロビゼーションが限りない奏者の残した音は、どんな場で再生されても素晴らしい。Django Reinhardt はGeniusの側の人。素晴らしくない、訳がない。

    salamat さん |40代

    0
  •  本作に先立つ「Integrale - L’edition Du Centenai...

    投稿日:2010/07/18

     本作に先立つ「Integrale - L’edition Du Centenaire - Saison 1」に比べると、こちらはジャンゴのキャリアの円熟期ともいえそうな内容で、彼のギターが中心的役割になっている録音がずっと多い。  特に興味をそそるのは、ベルギーでのオーケストラとの共演。第二次世界大戦の最中、この地で「敵性音楽」を演奏している。ステファン・グラッペリが参加していないからか、2曲でジャンゴがギターとの持ち替えでヴァイオリンを弾いているのも面白い。  手の欠陥のことが取りざたされるが、技術的なことだけではなくてアイディアの展開が凄い。即興演奏家として桁外れの資質だと思う。それを右手の驚異的に強いタッチで弾き放つのだから、他のギタリストなどでる幕はない。  本作は都合14枚のCDで構成されているが、すべての演奏が5つ星。前作Saison 1と併せて購入されたあなたは、きっと次のSaison 3も手に入れなければならないと思うはずだ。2010年の秋には発売されるようで、これがそろうとジャンゴの残した全録音を聴けることになる。

    レニー さん

    3
  • 仏のフレモー社が出している2枚組全20巻のジャンゴ...

    投稿日:2010/05/03

    仏のフレモー社が出している2枚組全20巻のジャンゴ全集を7、7、6巻ずつ三箱入りにしただけのものですが、持っていない人にとっては価格の点でお得です。なお、第三集は2010年9月に発売される予定です。

    ビックス さん |50代

    2
  • このcdを買った人に伺いたいのですが、このcdはFr...

    投稿日:2010/01/11

    このcdを買った人に伺いたいのですが、このcdはFremeaux & Associes からでていたジャンゴのシリーズの1928−1938までをセットにした物でよろしいのでしょうか。

    werther さん

    3
  • ジャンゴはもちろん他のマヌーシュのプレイする映像も...

    投稿日:2009/04/24

    ジャンゴはもちろん他のマヌーシュのプレイする映像もなく 写真をぐるぐる回す演出も目が回ります。ちょっとがっかりな商品でした。

    一番星 さん

    0
  •  MJQの名曲「DJANGO」で彼の名を知り、その...

    投稿日:2007/11/24

     MJQの名曲「DJANGO」で彼の名を知り、その後多くのカヴァーを聴きました。ウディ・アレン監督の映画「ギター弾きの恋」で彼の存在の大きさを知りました。この作品で彼の演奏に接し、草創期のJAZZの香りを満喫しました。Django Reinhardtはアメリカをはじめ世界中の多くのギタリスト、映画監督そして音楽家に影響を与えました。彼DJANGOはJAZZというより芸術そのものです。

    満員御礼 さん

    0
  • 文句のつけ様がないぐらいエレガントで極上のジブシー...

    投稿日:2006/12/16

    文句のつけ様がないぐらいエレガントで極上のジブシージャズです ジャンゴのギターの閃きに満ちたインプロとニュアンスに満ちた演奏の上手さに恐れいります 一生の宝物級のボックスがこの値段なんて信じられません!!迷う前に買うべきです!素晴らしすぎる!

    ロックマニア さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%