この商品の関連特集

DVD

Mr.インクレディブル

Disney (ディズニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VWDS05026
組み枚数
:
2
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
コピーライト
:
© Disney / PIXAR
その他
:
シネスコサイズ/スクイーズ, 2004
追加情報
:
監督/脚本/主なアニメーターたちによる音声解説
『カーズ』予告編
ジャック・ジャック・アタック!(未発表短編集)
未公開シーン (どの未公開シーンにも監督のイントロダクションがあります。)
メイキング・オブ『Mr.インクレディブル』
“もっと”メイキング・オブ『Mr.インクレディブル』
NG集
ギャラリー(ストーリー/キャラクター・デザイン 他)
予告編
トップ・シークレット
バウンディン

商品説明

『Mr.インクレディブル』は、元スーパーヒーローだった一家が、自分たちのパワーの源は実はお互いの中にあるということを再発見する冒険物語。かつて犯罪と戦うトップクラスの覆面ヒーローだったボブ・パー(別名:Mr.インクレディブル)は、毎日のように悪と戦い、人命を救助していた。ところが15年後の今、彼は妻のヘレン(元イラスティガール)と共に一般市民となり、郊外の住宅地で普通の暮らしを強いられている。今ではスーパーヒーローはみな、ごく普通の人間として生きているのだ。ボブとヘレンは子供たちとあまりにも普通な生活を送っており、子供たちのヴァイオレットとダッシュも懸命に「普通」のふりをしている。時間通りに働く保険会社の社員のボブが最近戦っている相手は、退屈と、せり出してくるお腹だけ。活躍したくてウズウズしている元スーパーヒーローに、やっとチャンスが到来した。謎の連絡を受け、極秘の仕事で孤島へと赴くのだ・・・。そして世界の命運をかけて、一家は団結し、再びあの奇想天外な活躍を繰り広げる・・・。

『Mr.インクレディブル』はこれまでで最も複雑なコンピューター・アニメ−ションの娯楽作品ですが、それでも他の傑作と同じく伝統的な要素に依存しています。それはキャラクター開発、プロダクション・デザイン、撮影、衣装、効果、音楽、全体のビジョンです。これら全てにおいて、アニメ−ションのジャンルの新境地を開き、他に類を見ない作品に仕上げたのです。

ピクサー・アニメーション・スタジオについて

ピクサー・アニメーション・スタジオは、クリエイティブおよびテクニカル両面での芸術性を活かし、コンピューター・アニメーションを駆使して、オリジナル作品を製作しています。ピクサーは時代を超えて愛される大ヒット作品6本を製作:アカデミー賞受賞『トイ・ストーリー』(1995年)、『バグズ・ライフ』(1998年)、ゴールデン・グローブ賞受賞『トイ・ストーリー2』(1999年)、アカデミー賞受賞『モンスターズ・インク』(2001年)、アカデミー賞受賞『ファインディング・ニモ』(2003年)、そしてアカデミー賞受賞『Mr.インクレディブル』(2004年)。ピクサーの6作品は、これまでに世界中で約30億ドルの興行成績を上げています。カリフォルニア州北部を拠点とする同スタジオの次回作は、2006年6月9日全米公開の『カーズ(原題)』。ピクサーの作品はウォルト・ディズニー・ピクチャーズが公開しています。

内容詳細

その正体を人間にしられてはならない
かつて、スーパーヒーローたちは数々の危機を救っていた。しかし、15年前、その破壊力に満ちたスーパー・パワーが一般市民の被害を拡大していると訴えられ、敗訴。今後スーパー・ヒーローとして活動することを禁じられた。世界有数のスーパー・ヒーローだった、Mr.インクレディブルも、一般市民として生活することを余儀なくされた・・・。

スーパーパワーを乱用してはならない。
Mr.インクレディブルの家族は、全員がスーパー・パワーの持ち主。元スーパー・レディ、インクレディブル夫人は、今では主婦として子育てと家事に追われている。目立ちたがりの長男ダッシュはスーパー。ダッシュの使用を禁じられているのが不満。反対に特殊なバリアで身を守れる長女のヴァイオレットは、普通の女の子のように恋がしたいと悩んでいる。ただひとり、彼らの弟ジャックは・ジャックだけは、スーパーパワーがまだ不明だった・・・。

家族を守れなければ、スーパー・ヒーローとは呼べない。
ある日、一通の手紙が届いた。『あなたはまだ世界を救える』という言葉に彼はスーパー・スーツを身をまとう。同時期、元ヒーローたちが次々と行方不明になる事件が勃発していた。恐るべき陰謀、市民を襲う恐怖・・・。スーパー・ヒーロー史上最悪の危機を救えるのは、"インクレディブル一家"だけだった――。


子どもたちと平和な毎日を送る、元スーパー・ヒーローのMr.インクレディブル夫妻。彼らが家族揃って立ち向かう敵が現れた! フルCGのアニメーションを駆使して製作された、ピクサーのアクション・ファンタジー。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
不思議な力を持つスーパーヒーローが一般の...

投稿日:2011/07/18 (月)

不思議な力を持つスーパーヒーローが一般の生活を送るとまともに順応出来ない所などがコミカルに表されていて面白いです。それぞれのキャラクターもとても魅力的です。ラストを見ると続編へ!って思える感じだし期待して待っています。

image さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
正直いうと、ここまで笑える内容だとは期待...

投稿日:2009/05/30 (土)

正直いうと、ここまで笑える内容だとは期待してなかった・・・めちゃ楽しい時間を過ごせました☆最高♪♪ みんな楽しめる、そんな物語だと思います!!家族愛がヒシヒシと伝わる。赤ちゃんの活躍をもっとみたいです☆

naco さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
いわゆる、「アメリカの!!」家族の“理想像...

投稿日:2005/05/05 (木)

いわゆる、「アメリカの!!」家族の“理想像”をギャグを混ぜに混ぜて作ったものです。対象年齢は10代までの子供、それ以上の年齢の人にはお笑いエンターテイメント、言った感じです。画像や話の筋は面白いけど、内容は特に重たくなく、見て笑って、その2時間を楽しく過ごす、といった最近の“エンターテイメント”又は“娯楽”としての映画です。単純に絶対的な悪者を倒すところは、“パワーパフ・ガールズ”そのままです。

ユウスケ さん | 岡山市 | 不明

0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド