Derek & The Dominos
新商品あり

Derek & The Dominos (デレク・アンド・ザ・ドミノス) プロフィール

Derek & The Dominos | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)は、アメリカのロックバンド。エリック・クラプトンが在籍し、『いとしのレイラ』で知られる。

略歴

クラプトンはブラインド・フェイス解散後にアメリカに留まり、デラニー&ボニー&フレンズと活動を共にする。ここで、アメリカ南部のブルースロックやサザンロックに強い影響を受けたクラプトンは、バンドからボビー・ウィットロック カール・レイドル ジム・ゴードン を引き抜き、1970年に結成した。同年に、トム・ダウドをプロデューサーに迎え、アルバム『いとしのレイラ』を発表した。

アルバムには、オールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマンもゲスト参加、そのスライドギターは、クラプトンと対等の存在感を示した。彼は、デュアンの演奏に大いに触発され、ツアーにも同行させる。同時にバンドへの正式加入を請うが、断られたことでまたメンバー間の不和が表面化する。1971年、2枚目のアルバムのレコーディング中にクラプトンとゴードンが激しい口論となったことで製作は中止され、バンドは解散した。

解散後

その後、メンバーはそれぞれソロやセッションミュージシャンとして活動していくが、クラプトンはデュアンやジミ・ヘンドリックスの相次ぐ死などから精神を病み、ドラッグに溺れ暫く音楽活動から遠ざかり、レイドルは1980年にアルコールとドラッグ中毒により37歳で死去した。ゴードンは70年代後半からドラッグに溺れた上統合失調症を患い、ミュージシャンとしては引退状態となる。その後、1983年に母…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%