CD 輸入盤(国内盤仕様)

Tightrope <紙ジャケット>

Deliverance (Germany)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VSCD5876
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ,輸入盤

商品説明

カナダのメロディアス・ハード/AORシンガーとして人気のポール・ジャンツ率いるCCM系フュージョン/AORの隠れた傑作、デリヴァランスの4thアルバムが遂に紙ジャケット仕様にてCDリイシュー!(オリジナル・リリース:1979年/Global Records And Tapes)

スターター<Foolish Hearts>はジノ・ヴァネリを意識したかのような産業ロック路線のドラマチック・チューン。タイトル曲<Tightrope>はビー・ジーズを髣髴させるポップ・ミディアムで、複数のヴォーカルがいることを最大限に活用している。ブルージーに仕上げた<Farewell(Bye, Bye, Bye)>も、サビではファルセットが炸裂するのだ。強いて違いを挙げるなら、前作よりも更にモダンに進化し、贅肉を削ぎ落としてスッキリまとまったこと。その甲斐あってか、独でシングル・カットしたメロウなポップ・バラード<Leaving L.A.>が米Columbia、英Epicからもリリース。念願の全米進出を果たすことになった。何故か米英でカップリングが異なり、独英ではホーンを効かせたミディアム・ダンサー<Face The Lady>、米Columbia盤ではライト・フュージョンの<Prince Of The Galaxies>がB面に。米国では、<Leaving L.A.>が全米チャート56位を記録、デリヴァランス唯一のヒットに。少しギアを落とした<Back Seat Rider>、ポップなピアノが印象的なクロージング<Re-Creation>も、かなり高レヴェル。ミステリアスな仕上げの<Can You Survive>も、個人的にはソソられる。 (金澤寿和氏ライナーノーツより)


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

ポール・ジャンツ率いるバンド、デリヴァランスが1979年に発表した4thアルバム。ジノ・ヴァネリを意識したかのような「Foolish Hearts」やビー・ジーズを彷彿とさせる表題曲など、心地よいフュージョン/AORの数々が堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品