David Crosby

David Crosby (デヴィッド・クロスビー) プロフィール

David Crosby | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

David Crosby

デヴィッド・ヴァン・コートランド・クロスビー(David Van Cortland Crosby、1941年8月14日 - )は、アメリカのミュージシャン。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第99位。

経歴

バーズ、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングといった1960-70年代を代表するロックバンドに在籍した。父は「真昼の決闘」などハリウッドで多くの作品の撮影監督として活躍し、1930年にはアカデミー撮影賞も受賞した、フロイド・クロスビー。

フォーク・ジャズ・ドラッグカルチャーの影響の濃いサイケデリックな曲想で、独自の世界観を作り上げた、特に1970年前後のヒッピームーブメントを代表するミュージシャン。

モンドミュージック方面で日本でも再評価されているレス・バクスターのグループなどに在籍後、1964年にロジャー・マッギン、ジーン・クラークらとともにバーズを結成。

彼らは、「ミスター・タンブリンマン」等のヒットにより、一躍1960年代のアメリカ音楽シーンを代表するグループとなった。クロスビーの甘いテナーボイスによる高音パートのハーモニーは、バーズの3部コーラスを特徴づけるもので、リズム・ギタリストとしても独特のカッティングでサウンドに変化をもたらした。また、自作曲では先進的なサウンドや実験的な形式を志向し、シタールの導入、アカペラ、変則チューニング、モード的コード進行など、バーズサウンドの一面を担った。この時期のクロスビーの作品として代表的なものに、「Everybody Has Been Burned」、「Draft Morning」、「Lady Friend」 、「Eight Miles High」(共作)、などがある。

1967年にバーズを脱退。アルバム『名うてのバード兄弟』にて、クロスビーの曲「Triad」のアルバム収録をメンバーから反対されたことや(※近年のリマスターによる再発でバーズバージョンも陽の目をみるに至っている)、外部ライターのゴフィン&キングの曲を採用したことなどが脱退の原因…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%