CD 輸入盤

Lodger

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDP7977242
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
フォーマット
:
CD

商品説明

デヴィッド・ボウイが1979年に発表した『ロジャー(間借人)』。ボウイとトニー・ヴィスコンティのプロデュースやブライアン・イーノの参加など前2作『ロウ』、『ヒーローズ』との共通点は多いものの、アルバム全体としてはそれらとは異なる軽やかなタッチが印象的な一枚。M2に代表される実験的な作風もあるが、初期作に通じる美しいメロディを聴かせるM1や、M6、8辺りのシンプルなR&B調などストレートな感覚が前面に出ている。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「Changestwobowie」のSide1「Aladdin Sane...

投稿日:2009/03/07 (土)

「Changestwobowie」のSide1「Aladdin Sane(1913-1938-197?)」で、マイク・ガースンが奏でるピアノの旋律に底知れぬ闇を感じ(大袈裟)、「Oh!You Pretty Things」では落ち着けない?朝の目覚めを想った…「D.J.」(M6)や「John I’m Only Dancing(Again)1975」等…思春期の少年は無我夢中で聴いたものだ(中年の想い出話で恐縮です)…。晴れた土曜日の目覚めに、M1・2・3・4・5を(家族等の迷惑を顧みず(×)大音量で)聴いてみると、例えようのない開放感!を味わうことができたりします、よ(本気)…。伝説の「Serious Moonlight」は、M7で幕を開ける…

にしまきてつや さん | 赤堤 | 不明

2
★
★
★
★
★
LOW、”HEROES”といった尖った『...

投稿日:2005/06/18 (土)

LOW、”HEROES”といった尖った『怪作』と比較するから、コンガラガルのだ。ベルリンでやろうが、Enoが居ようが、最早前二作とは違う。RCA時代暴威は、二枚までしか同じ路線のアルバムを作らなかったではないか?(厳密に言えば、一作一作全て違う。)これも、新たなるステップ。強いて近いアルバムを上げれば、次作ScaryMonsters。前半に聴かれるWorldMusicライクな自由なヴォーカル・奇妙な曲調。後半を潤すR&Rライクなヴォーカル(含シャウト)・伸び伸びとした曲調。ScaryMonstersで、ニューウェイブに歩み寄った等と言われたが、すでにここで萌芽している。

何故か前半が好き、林檎 さん | 札幌、Mombassa | 不明

1
★
★
★
★
☆
ライブアルバム「ステージ」のオーバーダビ...

投稿日:2005/04/24 (日)

ライブアルバム「ステージ」のオーバーダビング作業と同時期に制作されたイーノとの共同制作アルバム。ここでの異国的な内容はその後の80年代の予告のよう。

ギギ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

おすすめの商品