Blu-spec CD 2

Heathen

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP30154
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

移り変わり行くロック・シーンにありながら、常に孤高の存在としていつも時代の先端を突き進み、新たな姿をみせてくれるボウイ。67年ソロデビュー以来、70年代はグラムロックの創設者、白人のソウル・R&B、ニューウェーヴ、80年代の『レッツ・ダンス』での世界制覇・映画出演など...常に変身をとげてきたロック界最重要アーティストの一人。10年ぶりの新作『THE NEXT DAY』に合わせてカタログを高品質Blu-spec CD2でリリース!

今作は2002年作品。デヴィッド・ボウイのソニー・ミュージック移籍第一弾。盟友トニー・ヴィスコンティが共同プロデュース、カルロス・アロマー、ピート・タウンゼントなどがゲスト参加。ベルリン3部作を髣髴させるような完成度で、あまりにも美しくも凍りつくような名曲の数々。ボウイの新たなる到達点を示した傑作。ボウイ自身のレーベルとして2001年に設立した”ISO”からの初リリースでもある。

(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

あのロック界のカリスマが帰ってきた! 約3年ぶり、21世紀最初のアルバムとなる本作は、盟友トニー・ヴィスコンティとの共同プロデュースによる大注目作。貴重音源満載のボーナス・ディスク付き。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
#25/27(2002/6/10)UK 5/US 14。Producer ...

投稿日:2013/08/11 (日)

#25/27(2002/6/10)UK 5/US 14。Producer : David Bowie, Tony Visconti。David Torn, Carlos Alomar, Gerry Leonard, Pete Townshend on ”Slow Burn” (g)。 新世紀を迎えたものの、2001年9月11日の衝撃的な出来事を避けては通ることはできず、ジャケットを含めてすべてが陰鬱に仕上がっている本作(タイトルも直接的)。しかし”Scary Monsters”以来、二十数年ぶりになるTony Viscontiのプロデューサ復活はたいへん興味深く、輝ける1970年代を思い起こさせる。 前作”Hours”のジャケットで暗示されていた「死と復活」は、本作で見事に実現された。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
☆
'02年発表。デヴィッド・ボウイの黄金時代をずっ...

投稿日:2009/08/29 (土)

'02年発表。デヴィッド・ボウイの黄金時代をずっとともにしてきたトニー・ヴィスコンティを、22年ぶりにプロデュサーに迎えたソニー移籍第1弾。曲によってピート・タウンゼント、カルロス・アロマーなどのゲストを迎えつつ、あたかも80年代以降の迷走ぶりがなかったかのごとき吹っ切れた表情を見せている。衝撃には乏しいがラスト2曲における瑞々しくポジティブな表現の説得力がうれしい。

EXECUTE さん | 不明

1
★
★
★
★
★
ボウイの復活作。

投稿日:2008/08/12 (火)

ボウイの復活作。

ZIGGY さん | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

おすすめの商品