LPレコード 輸入盤

David Bowie (2枚組アナログレコード)

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5327601
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
デラックスエディション,輸入盤

商品説明

デヴィッド・ボウイのデビュー・アルバム。

収録曲   

ディスク   1

SIDE A

  • 01. Uncle Arthur
  • 02. Sell Me A Coat
  • 03. Rubber Band
  • 04. Love You Till Tuesday
  • 05. There Is A Happy Land
  • 06. We Are Hungry Men
  • 07. When I Live My Dream

SIDE B

  • 08. Little Bombardier
  • 09. Silly Boy Blue
  • 10. Come And Buy My Toys
  • 11. Join The Gang
  • 12. She's Got Medals
  • 13. Maid Of Bond Street
  • 14. Please Mr. Gravedigger

ディスク   2

SIDE A

  • 01. Uncle Arthur
  • 02. Sell Me A Coat
  • 03. Rubber Band
  • 04. Love You Till Tuesday
  • 05. There Is A Happy Land
  • 06. We Are Hungry Men
  • 07. When I Live My Dream

SIDE B

  • 08. Little Bombardier
  • 09. Silly Boy Blue
  • 10. Come And Buy My Toys
  • 11. Join The Gang
  • 12. She's Got Medals
  • 13. Maid Of Bond Street
  • 14. Please Mr. Gravedigger

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
10年振りの新作”The Next Day”が耳になじ...

投稿日:2013/04/27 (土)

10年振りの新作”The Next Day”が耳になじむにつれ、無性に過去の作品群が聴きたくなった。1970年代のカルトヒーロー期や1980年代のスーパースター期はもちろんのこと、あまり真剣に対峙してこなかったそれ以外の時期についても…そんなわけでオリジナルアルバム全26枚を順番に聴き直してみることにした。 複雑で難解な詩を独特のメロディに乗せ演劇的に歌い上げ、それを時代の音で鳴らす。声は若々しいもののBowieスタイルはこのデビューアルバムから既に確立されている。奇しくも発売日がThe Beatles ”Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band”と同じであり、ジャケットのヘアスタイルからも「時代の音」は明白。以前聴いたときはただただ退屈だったのだけれど、ロック色は皆無ながらポップかつストリングスが絡むサウンドは輝かしい未来を感じさせる。

build2destroy さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
欲を言えば、スペース・オディティを収録し...

投稿日:2010/06/22 (火)

欲を言えば、スペース・オディティを収録してほしかったですが、BBC音源も入っているし、本編もモノ・ステレオ併録と、おなかいっぱいな内容です。「Early On」と併せてどうぞ。

ブライアン如運図 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
この頃のブリッツ・ポップ好きな方たちから...

投稿日:2007/11/24 (土)

この頃のブリッツ・ポップ好きな方たちから評価が高い1st。おなじみのボウイのスタイルを期待してはいけません。でもシアトリカルな演出をちょこっと入れたり、なかなか面白いことやってますね。DERAMレーベルらしい音になってます。 12曲入りのこの再発盤でも[Little Bombardier]と[Silly Boy Blue]がやっぱり抜けてます。うーん…。彼の若々しい歌声は、それを補って余りあるのですが。。。

satosan さん |     | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

おすすめの商品