LPレコード 輸入盤

★ (Black Star) (アナログレコード)

David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88875173871
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

ロック史上最大のカムバックから3年。デヴィッド・ボウイ、69回目の誕生日に新作『★』

移り変わるロック・シーンの中で、変化する事を恐れず進化し続けてきた、孤高の存在にして、英国を代表するロック界最重要アーティスト、デヴィッド・ボウイ。2013年、世界中の誰もが驚いた予期せぬ復活劇は「事件」として瞬く間に全世界を駆け巡り、10年振りの新作にしてロック史上最大のカムバック作となった『ザ・ネクスト・デイ』から3年――。デヴィッド・ボウイ、自身69回目の誕生日にあたる2016年1月8日に28枚目のスタジオ・アルバムとなる新作『★』(読み方:ブラックスター)をリリース!前作『The Next Day』は、UKをはじめ世界18ケ国のアルバム・チャ−トで1位、全世界の60ヶ国以上のiTunesチャートでも1位を獲得。その後も、ファッション、音楽、デザイン、演劇、アート、フィルムなど、ボウイの世界観が忠実に表現された大規模な回顧展『David Bowie Is』がイギリスはじめ世界で開催され話題を集めた。音楽活動50年のキャリアを持つデヴィッド・ボウイの魅力に、引き続き世界的な注目が集まっている。時代と共に変化し続けるデヴィッド・ボウイが創造した次なるアート・フォーム(芸術形式)とは? その答えがここにある――。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Blackstar
  • 02. 'Tis a Pity She Was a Whore
  • 03. Lazarus
  • 04. Sue (Or In a Season of Crime)
  • 05. Girl Loves Me [Explicit]
  • 06. Dollar Days
  • 07. I Can't Give Everything Away

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
今作が発売された買って聞いた数時間後、da...

投稿日:2016/12/11 (日)

今作が発売された買って聞いた数時間後、david bowieの訃報、スマホに訃報のニュースの山、何度も言えない虚脱感に襲われた。最高傑作じゃ無いけど、リメイクされたAは特にお気に入りナンバーになった。ラストのFも名曲。ただ国内盤で不満なのが、お約束のボーナストラックが無かったのが残念です。

ABCXYZ さん | 青森県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
遺作ということで、結構全世界で売れている...

投稿日:2016/02/06 (土)

遺作ということで、結構全世界で売れているらしいですね。 でも、ポップな曲はラスト曲のみ。ほかの曲はマニアックなものばかりなので、買って損したと怒るリスナーが結構いそうな気がします。そんな方がたは、前作を聴きましょう。 それにしても、この作品のドラムスの音、とてもいいですね。ワタシも前作のほうが好きですが、けっして駄作ではない。聴く人によっては、ボウイの最高傑作に挙げる方もおられるかもしれません。

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

5
★
★
★
★
★
デヴィッド・ボウイの遺作となったアルバム...

投稿日:2016/01/29 (金)

デヴィッド・ボウイの遺作となったアルバム。彼は自分の余命が残り少ないことを承知していて、「スワン・ソング(白鳥の歌、音楽家の遺作の意)」にするつもりで制作されたアルバムであるという。アルバムタイトルにもなっている『Blackstar』は10分に及ぶ大曲で、ボウイは繰り返「I’m a blackstar(俺はブラックスターだ)」と歌っている。ギャングスターでもなくムービースターでもなく、ポップスターでもアメコミのスターでもない、俺はブラックスターだと。迫りくる死を冷静に見つめ、真摯に分析しそして歌うボウイ。『Lazarus』ではさらに「I’m in heaven(俺は天国にいる)」、「You know I’ll be free,Just like that bluebird(俺はあの青い鳥のように自由になるんだ)」とまで歌っている。死におびえ嘆き悲しむでもなく、眼を逸らして知らん振りをするでもない、まっすぐに死を見つめそして音楽として表現する。音楽家としての矜持と覚悟をもってこのアルバムを制作したのだな、と感じた。 ボウイ独特のうねるようなセクシーな歌声は最後まで健在、常に斬新さを追求する実験精神も最後まで衰えなかった。「自身の死の運命と組み合った男の姿に、思いを巡らした作品」(CNNのコメント)、心して聴くべき名盤である。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Bowie

もともと音楽スタイルを巧く横断していくような身軽な賢さや絶妙なバランス感覚を売りにしていた彼は、ある種のアメリカン・ロックやソウルのアーティストが追及していくような音楽表現の深さみたいな、ある種の逃げと成熟が許されない立場に立たされたということも言えるかもしれない。

プロフィール詳細へ

David Bowieに関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト