CD

Mariposa De Oro: 黄金の蝶

Dave Mason (デイヴメイソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP2653
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ, リマスター
追加情報
:
完全生産限定盤
オリジナルを忠実に再現した紙ジャケット仕様
2010年デジタルリマスター
解説/歌詞/対訳付 

商品説明

1978年作品。前作と同じく、メイスンらしい明るさと伸びやかさを感じさせる内容です。それを強調するかのように随所で聴かれる、12弦ギターのきらきらとしたサウンドも印象に残ります。キャロル・キングの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」のカヴァーは秀逸(ドラムはTOTOのジェフ・ポーカロ)。また、半分近くの曲を作曲か共作し、歌とギターでも参加している、シンガー・ソングライターのジェリー・ウィリアムスの貢献度には非常に高いものがあります(彼はこのあと、クラプトンとの仕事でも知られるようになります)。他にはジャズ・サックス奏者のアーニー・ワッツ、そしてステーヴン・スティルスがまたここでもゲスト参加しています。
(メーカー資料より)

内容詳細

元トラフィックのギタリスト、デイヴ・メイスンが1978年に発表したソロ10作目。ジェリー・ウィリアムスが一部歌とギターで参加しているほか、ジャズ・サックス奏者、アーニー・ワッツやスティーヴン・スティルスもゲストとして名を連ねている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
中々CD化がなされず、「日本での評価が低...

投稿日:2010/04/29 (木)

中々CD化がなされず、「日本での評価が低い為か!」などと思っていたので、発売されて素直に嬉しい。このアルバムはギタリスト・ロックンローラーというよりは、シンガーソングライターとしてのデイブメイソンの作品というイメージで、私には、良い意味でちょっと異質。粒揃いの曲ばかりで、駄作なし、彼の音楽の集大成という感もある。 個人的には THE WORDS, NO DOUBT ABOUT ITを特に何度も聴いていた。「スプリットココナッツ」、「流れるままに」も大好きだけれど、この作品もそれらに負けず劣らず名作だと思う。多くの人たちに聴いてほしい。 彼の作品が好きになったら、柳ジョージさんも聴いてみると面白いかも。

akio さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
AORっぽくなった後期の名盤。ギターもあま...

投稿日:2010/04/21 (水)

AORっぽくなった後期の名盤。ギターもあまり弾いておらず、むしろボーカリストとしてのアルバムと言えますが、結構お洒落で耳あたりがいいのです。Will You Still Love Me Tomorrow?のカバーは秀逸でラストにさくさくとギターソロも聴けます。またShare Your Loveのボーカルは迫力一杯でかっこいいですよ。CD化されてすぐ廃盤になったため流通しておらず、オークションではいつも高値がついていました。リイシュー、リマスターがとても嬉しいです!

ひろ さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
英国バンド・トラフィクのメンバーだったが...

投稿日:2010/03/21 (日)

英国バンド・トラフィクのメンバーだったが、アメリカに渡りスワンプロックに接近し名盤を多く出すが、充実期に発表した捨て曲無しの最高のアルバム。ライブアルバム以外ではこれが殻の最高傑作と言っても言いすぎではない。熱いギターとボーカルを堪能出来るぞ。BCDとIJの流れも文句無し。

tom さん | 兵庫県 | 不明

1

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド