CD

Homage To Duke

Dave Grusin (デイブ・グルーシン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCV9558
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明

GRP MASTERS COLLECTION 1000
フュージョン/クロスオーヴァーの名門GRPの名盤を再発!


GRPの総帥がジャズの巨星デューク・エリントンへの溢れる想いを最上のメンバーと綴る。
ピアノ、編曲、プロデュースを自ら手掛け、20年前に逝去したエリントンを追悼。作曲を始めるようになってから巨星への関心が高まり、その偉大さを実感したグルーシンは、テリー、スコット、ダニエルズ、ブロンバーグら新旧の実力者を揃え、遺産の継承と発展に力を尽くす。

内容詳細

デイヴとエリントン。一見するとジャズといえどかなりスタイルの異なるプレイヤーであり作曲家だが、デイヴにとってやはり御大は偉大。その優れた楽曲をGRPのスタイルで仕上げて見せた素敵なオマージュ作品だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 GRPの再発、しかも廉価での再発という...

投稿日:2014/07/24 (木)

 GRPの再発、しかも廉価での再発というのは嬉しいニュースです。  このシリーズに限らず、最近は1,000円生活の日本盤リリースが相次いでおり、ディスクの劣化が気になる者としては素直に歓迎すべきことなのでしょうが、反面、「安かろう、悪かろう」の心配があるのも確かです。名盤探検隊は1,200円均一ながら、最新リマスターが施されたしっかりとした創りで、歌詞カードも揃ったお買い得盤でした。しかし、その一方で、プライスダウンの代償として、ディスクに表紙を付けただけの廉価盤という仕様も見受けられ、それならば、もっと価格を高くしてもいいから、オリジナル盤の装丁や添付品を再現して欲しい気もします。  この『デュークへの想い』のオリジナル盤も、スリムケースに入ったCD盤とブックレット調の解説が箱型ジャケットに収納されていた、とてもお洒落なセットになっていました。そこまでの忠実な再現は望みませんが、音質向上と併せて、リリース当時のアートワークの雰囲気(感覚的なものですが…)は引き継いで欲しいものでした。  アルバムの内容は Lee Ritenour の『Wesbound』同様、偉大なる先人へのリスペクトが感じられるオーソドックスで、ウォーミーな作品集となっています。

ねずみ さん | 山口県 | 不明

1

Dave Grusinに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド