Dave Grusin

Dave Grusin (デイブ・グルーシン) プロフィール

Dave Grusin | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

デイヴ・グルーシンDave Grusin, 1934年6月26日 - )はアメリカコロラド州リトルトン出身のジャズ・フュージョン、アダルト・コンテンポラリー及び映画音楽を代表するピアニスト、編曲家、作曲家、プロデューサー。フュージョン/アダルト・コンテンポラリー・レーベルGRPレコード創設者の一人で社長を務めていた。1995年以降はソロ活動に身を置き、後にフィル・ラモーンのN2Kエンコーデッド・ミュージックの設立にも参画。

代表曲に、映画『コンドル』Three Days of the Condorのテーマ曲、映画『恋に落ちて』Falling in Loveのテーマ曲ともなった"Mountain Dance"(同名のアルバムからの採録)、映画『黄昏』On Golden Pond のテーマ曲等がある。

米国グラミー賞受賞10回、ノミネーション1回、アカデミー賞受賞1回、ノミネーション7回、ゴールデン・グローブ賞ノミネーション4回。

尚、プロデューサーでキーボーディストのドン・グルーシンは実弟にあたる。

バイオグラフィ

音楽一家の元で育ち、幼い頃から音楽を学んでいる。1956年コロラド大学音楽科を卒業後、兵役。除隊後再びニューヨークで修学する。1960年代に入ると『アンディ・ウィリアムズ・ショウ』の音楽監督を務め、以後様々なドラマや映画に楽曲を提供していく。この頃よりモダン・ジャズを演奏するようになる。1967年12月にはグルーシンが音楽の一部を担当した映画『卒業』が公開され、同作のサウンドトラック・アルバム『卒業-オリジナル・サウンドトラック』(1968年)により、グルーシンはポール・サイモンと共に、自身初となるグラミー賞受賞を果たした。1970年代に入るとクロスオーバーのムーブメントにのりクインシー・ジョーンズやセルジオ・メンデスと共に活動の幅を広げる。ギタリストリー・リトナーやサックス・プレイヤー渡辺貞夫と…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%