CD

Where Shadows Forever Reign

Dark Funeral (ダーク・フューネラル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GQCS90172
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

現在、クオリティの高いエクストリーム・メタル・バンドを最も多く輩出している国はどこか。おそらく「スウェーデン」と答える人が大半ではないだろうか。メロディック・デス・メタル、プログレッシヴ・メタル、ヴァイキング・メタルなどなど、際限なくサブジャンルを生み出してきたエクストリーム・メタル界であるが、90年代以降、そのいずれでもトップを走るバンドを輩出し続けているのがスウェーデンなのだ。もちろんそれは、ブラック・メタルにおいても例外ではない。

ブラック・メタルというとスウェーデンよりも、同じ北欧のノルウェーを中心としたムーヴメントであったという感もあるが、実はブラック・メタルの誕生、発展への貢献度については、スウェーデンはノルウェーに勝るとも劣らないのだ。何しろ90年代以降のブラック・メタル・バンドの直接的なルーツはスウェーデンのバソリーであるし、コープス・ペイントを施し、ステージで自らの体をナイフで切り刻むという、ブラック・メタルの恐るべきイメージを作り上げた張本人、ノルウェーのメイヘムのヴォーカリスト、故デッドも出身はスウェーデンなのだ。さらにはノルウェーにおけるブラック・メタルのムーヴメントが、スウェディッシュ・デス・メタルの商業的成功に対する一種の嫉妬から生まれたという側面も考えると、スウェーデンのシーン抜きでは現在のブラック・メタルの隆盛はあり得なかったと言っても過言ではない。

そんなスウェーデンのブラック・メタル・シーンを創世期から支えてきたヴェテラン、ダーク・フューネラルが6年ぶりの新作『ホエア・シャドウズ・フォーエヴァー・レイン』をリリースする。唯一のオリジナル・メンバーでもあるギタリスト、ロード・アーリマンが、「ダーク・フューネラル史上最もプロフェッショナルでテクニカル、ダイナミックでエピック」であり、「曲、歌詞、演奏、アートワークから音質に至るまで、すべてが完璧」と豪語する本作は、ダーク・フューネラルやスウェディッシュ・ブラック・メタル・マニアはもちろん、その他のジャンルのファンも楽しめる暴虐さと聴きやすさを兼ね備えた理想的な作品に仕上がっている。ドミネーターによる凄まじいまでのブラスト・ビート、ロード・アーリマンによる邪悪なリフ、新加入のヘルヤルマドルによる咆哮、そしてそこに彼らが「北に棲む者たちが感じるメランコリー」と形容する、そこはかとなく悲哀を感じさせるメロディが絡みつく様は、強烈なブリザードを思い起こさせる。

【メンバー】
ロード・アーリマン(ギター)
チャッグ・モール (ギター)
ヘルヤルマドル (ボーカル)
ドミネーター(ドラムス)

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

スウェーデンのブラックメタル・バンド、ダーク・フューネラルの6年ぶりのアルバム。唯一のオリジナル・メンバー、ロード・アーリマン(g)が“すべてが完璧”と豪語する、邪悪さと悲哀が絡み合う強烈なブリザードのようなサウンドが楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Dark Funeralに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品