LPレコード

Songs of Innocence & Experience (アナログレコード)

DYGL

基本情報

カタログNo
:
HEA006
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤

商品説明

DYGL、前作から約2年ぶりとなる新作アルバム、『Songs of Innocence & Experience』堂々完成。初の大規模ツアーを経験し、イギリスへ拠点を移したバンドの第二章。

1stアルバム『Say Goodbye to Memory Den』の発表以降、アジアを股に掛ける初の大規模ツアーを経て、欧米諸国を含むフェスをはじめ、実に様々な舞台を経験し、バンドは大きく成長した。そこで培った推進力により自然と2ndアルバムへの制作へと向かい、バンドは環境を整えるためにも渡英。メンバーはノースイーストロンドンに居を構え、シングル「Bad Kicks」を発表。当初シングル制作の流れでアルバムレコーディングは予定されていたが、より納得のいく作品を作るために制作は一時延期する。そうして少し時間をおき、バンドは改めて全員で一丸となり作品に取り組んだ。その成果が今作『Songs of Innocence & Experience』である。前作が、The StrokesのAlbert Hammond Jr.をプロデューサーに招き、王道ガレージ・ロックを往く作品であったと言えるのであれば、今作はPalma VioletsやYuck、Childhoodの作品を手がけてきたRory Attwellをプロデュ―サーに迎え、60年代後半から70年代にかけての実験精神を携えたThe Beatlesやサイケデリックなプログレッシヴ・ロック、あるいはEcho and the Bunnymenを彷彿とさせる耽美なポストパンクといった、バンドのフェイバリットでもあるアーカイヴをふとぶとと自身の作品に解放した内容となっている。アレンジにおいては、バンド楽器以外のピアノやシンセサイザー、サックス、ツィター、はたまた打ち込みに到るまで、ポストプロダクションに創意工夫を凝らしつつ、これまでのDYGLには見られなかった持続的でサイケデリックな楽曲や、AORフィールなミディアム・ナンバーなど、多様性を担保しながらも、さりとてDYGLらしさである、血の通ったシンプルでストレートな強さは今作においても健在だ。そして、その中にある「歌」は艶と存在感を増し、登場人物である彼・彼女たちの夢と葛藤の物語をストーリーテリングする。初期からのレパートリーである"Nashville"を除けばこの2年間に蓄積された楽曲から成る本作は、群像劇の様相を呈して曲ごとに絡み合い、一貫したテーマを孕んだ強度を持つ作品となった。そのヒントになったというウィリアム・ブレイク著『無垢と経験の歌』にはそれぞれの観点から物事を見つめるという点において、少なからず、彼らがいまという時代のエートスを強く自覚するものに他ならない。黄昏の感覚が横溢している中に、DYGLは確かな微熱をたたえて中道を往く。割り切れない感傷を連れて、ピュアに生き抜くには現実は厳しくタフだが、同時に尊いことであると今作は示してくれる。

歌詞付き
(メーカー・インフォメーションより)
※限定盤のためご注文をキャンセルさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

収録曲   

Side A

  • 01. Hard To Love
  • 02. A Paper Dream
  • 03. Spit It Out
  • 04. An Ordinary Love
  • 05. Only You (An Empty Room)

Side B

  • 06. Bad Kicks
  • 07. Don't You Wanna Dance In This Heaven?
  • 08. As She Knows
  • 09. Nashville
  • 10. Behind the Sun

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品