イサック 6 アフタヌーンKC

DOUBLE-S

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065151921
ISBN 10 : 4065151929
フォーマット
出版社
発売日
2019年04月23日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;19

内容詳細

プリンツ・ハインリッヒは対カソリック勢力を糾合すべく、ブランデンブルクへと向かうことを決意、バイエルン公国を抜けるべく出発した。途中の宿場町でゼッタに魔女の嫌疑がかけられ魔女裁判が始まる! そこに現れた馴れ馴れしい商人クラウスの目的は!? 神聖ローマ帝国を舞台に途方もない使命を帯びた男・イサックの戦いは続く! 波乱の第6巻!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 眠る山猫屋 さん

    プリンツや女男爵と共にバイエルンからの脱出行。カトリックたちの狂信が吹き荒れ、政争の余波も収まらない。勉強し直さないと解らない点も多々。そしてスラヴ騎兵の襲来、今までとは一味違う騎馬兵の闘い方はむしろイサックに近しい?魔女狩りを経てゼッタとの絆が深まった6巻。

  • はるわか さん

    トマス・ミュンツァーの信徒たちの十字架

  • 柏バカ一代 さん

    同じキリスト教なのに何で殺し合い、魔女をでっち上げて火刑にしようとするのかな?意味がわからない。

  • コリエル さん

    今回みたいに逃避行であちこち移動する話だと、地図があったら助かったなあと思うこの漫画。イサックたちがどこにいるのかもうよくわからない…

  • 笠 さん

    3.5 新刊読了。プロテスタントとカトリックの宗教戦争というのは何となくわかるんだが、最初から読み返さないと何軍と何軍が戦ってるんだか分からなくなってきた。しかもドイツ辺りが今の国境と違ってナントカ公国とかが乱立してるから、この時代の欧州の勢力地図に精通していないと戦況を把握するのが難しい。『ヴィンランドサガ』みたいに簡単な勢力図と地図をつけてほしい。今は神聖ローマ帝国の皇帝の弟のドイツ騎士団長を、メルゲントハイムからシレジアのナイセに送り届けるのが目的らしい…と言われてスッと理解できる方が少ないだろ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品