D.m.ディヴァイン / 中村有希

人物・団体ページへ

ウォリス家の殺人 創元推理文庫

D.m.ディヴァイン / 中村有希

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488240042
ISBN 10 : 4488240046
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,333p

内容詳細

人気作家ジョフリーの邸宅“ガーストン館”に招かれた幼馴染のモーリス。最近様子のおかしいジョフリーを心配する家族に懇願されての来訪だった。彼は兄ライオネルから半年にわたり脅迫を受けており、加えて自身の日記の出版計画が、館の複雑な人間関係に強い緊張をもたらしていた。そして憎み合う兄弟は、暴力の痕跡を残す部屋から忽然と姿を消した。英国本格の妙味溢れる佳品。

【著者紹介】
中村有希 : 1968年生まれ。1990年東京外国語大学卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yumiko さん

    ディヴァイン4冊目。今回もまんまとしてやられた…ここまできれいに騙されるといっそ清々しい気分♪ 他の方の感想にもあるように、今作に関してはちょっと動機が弱いのだけれど、ひとつひとつの伏線がきれいに犯人に集約していくあたり、やっぱり納得させられてしまうのだ。しかもある一点だけで類推できる巧妙な描写もあり、読み流していた自分にがっかりしつつも、あっぱれディヴァインと感服しきり。クイーンの読者への挑戦より大上段からではなくて、奥ゆかしさを感じるところも好み。クックと著者は古書店で見かけたら即買いなのだ。

  • GaGa さん

    イギリスで1981年に出版された作品。この作家は初読。どうして今まで訳されていなかったのかが不思議なくらい、小品ですが綺麗にまとまった佳作です。ただ、ミステリーも何冊も何冊も読んでいると、どうしても半分も読んでしまうと犯人が想定出来てしまうというのが…これは自分自身の問題か(苦笑)ともあれ、本格ファンはこの作家を追いかけてみるのもよいかと思います。小説としての上手さは素直に認めます。

  • yucchi さん

    ディヴァイン3作目。出てくる人物誰も彼も一癖ふた癖ある人ばかり。ウォリス家、ロクな人いないし(笑) 主人公の家族関係もごちゃごちゃしているが、それが目くらましになっている。犯人につながる手がかりは堂々と開示されているが、案外あっさりと事件が終息する。ここまで3作読んで、ディヴァインは派手さはないが安心して読める、というのを改めて感じた。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    描く作品は逸品だが、性悪で傲岸不遜な作家が兄への脅迫に怯えて荒らされた部屋から消えた・・・。家族、関係者はいけ好かない奴らばかりの疑心暗鬼の中で作家の謎の二年間の空白を紐解いて見えた真相とは。ウッドハウス作品なら回顧録は「関係者は羞恥で悶えるが、誰もが読みたくなる爆笑の宝庫」に対し、こちらの日記はゲスの極まり。しかもちゃんと真相への伏線は示されていたのに悔しい(笑)それにしても融通が利かず、偽善混じった自己犠牲に入りやすいクリスには苛々させられたのでモーリスが危惧していたことになりませんように・・・。

  • 催涙雨 さん

    愛憎だったり打算的だったり意趣返しだったり、善意とは程遠い陰気な人間関係を構築するロンドン郊外のガーストン館での事件。空白の2年間を中心に登場人物の背景がそれぞれ深く掘り下げられそのたびに誰を疑うべきか迷い、どつぼにはまっていく。実際にはそれぞれの過去が組合わさる事で犯人が浮かび上がる。最後までわからなかったけど。ジョフリー含め皆利己的なため遅かれ早かれこの家庭では人殺しが起こったんじゃないかと思う。決定的な拠り所として最後に触れられる点に関しては皮肉程度の力しか持たないピースの一欠片でしかない気がする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品