仕事は楽しいかね?

D.ドーテン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877710781
ISBN 10 : 4877710787
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,181p

内容詳細

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の“私”。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した。

目次 : 仕事は楽しいかね?/ 人生とは、くだらないことが一つまた一つと続いていくのではない。一つのくだらないことが〈何度も〉繰り返されていくのだよ。/ 試してみることに失敗はない/ 明日は今日と違う自分になる、だよ。/ これは僕の大好きな言葉の一つなんだ。「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」というのがね。/ 必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。/ 目標に関するきみの問題は、世の中は、きみの目標が達成されるまで、じーっと待っていたりしないということだよ。/ きみたちの事業は、試してみた結果失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ。/ あの実験で学ぶべきことはね、「あらゆるものを変えて、さらにもう一度変えること」なんだよ。/ それはね、「あるべき状態より、良くあること」なんだ。〔ほか〕

【著者紹介】
デイル・ドーテン : 1950年生まれ。アリゾナ州立大学大学院(経済学)卒業後、スタンフォード大学大学院で学ぶ。1980年、マーケティング・リサーチ専門会社、リサーチ・リソーセス(Reserch Resources)を起業し、マクドナルド、3M、P&G、コダックなど大手優良企業を顧客に持つ全米でもトップ・レベルの会社にまで成長させる。1991年、新聞に執筆したコラムが好評を博し、執筆活動を開始。現在米国を代表する人気コラムニスト。氏が執筆するコラムは、100社以上の新聞社に配信され、毎週1000万人以上に愛読されている。執筆活動のかたわら、企業講演、従業員訓練やキャリア・セミナーを主催し、意思決定論、人材育成、キャリア・アップによる能力開発や成功をテーマに独自の理論を展開している

野津智子 : 獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。在学中に、外国語を日本語に表現し直すおもしろさを知り、勉強を開始。現在はノンフィクションやビジネス書を中心とした出版翻訳、芸術関係の字幕翻訳に日々奮戦している。『鉄仮面』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    空港で足止めを食らう主人公と科学者のやり取り。世間で成功したと言われる人物、製品に焦点をあててなんでもトライして行くことの大切さを知った。こうして自分の人生を楽しんでいきたいなとか、色々と面白く読めた。また再読していきたい。

  • Yunemo さん

    いつかは、と何年間も。ちょっと遅すぎたかも。ただビジネス以外にも引っ掛かることが多くて、自身の生活・思考パターンに大きく影響しそう。解決策は、後から振り返ったらみんな簡単に見つけられそうに思えるもの、確かに!何気ないことなのに、目から鱗の論点が一杯。あまりに論理的に、目標に固執するがために、これビジネス上の極意のはず。柔軟さとはよく言われるけど、まずは遊び感覚でいろいろやって、それで成り行きを見守る。この感覚はよくよく理解。各界の成功体験、この理解をまず。これらの積み重ねを自身でやらなくちゃ、改めて実感…

  • Miyoshi Hirotaka さん

    あらゆることに「道」をつけ、人格陶冶に体系化するわが国。一方、あらゆることを機会探索に結びつけ、挑戦者の背中を押すのが米国。違うようだが、同じことを別の面から見ているだけ。わが国が深化と完成を目指すのに対し、彼の国は拡散とスピード重視。あたかも、10戦9敗を8敗にするようなチャレンジ精神と失敗を恐れぬ試行錯誤と適者生存原則への盲目的信仰と畏怖が特色。この違いは、歴史と文化の差異に起因する。彼我が世界史上で出会ってから、数十年周期で変化し、世界に激震を起こしている。世界の繁栄はこれらの調和の上に成立する。

  • YuriL さん

    Kindle読み放題で読了。人生は計画通りには決していかない。どれほど論理的に計画をたてても、それらの多くは計画倒れに終わるか、失敗するかが殆ど。何故か。それはつまり◯◯すれば××するはず、という方程式にカッチリ固まってしまっているからだ。人生はもっと流動的で偶然の連続で成り立っている。問題は自分を取り巻く偶然に気づき、味方につけることが出来るか、ということ。周囲の変化に気づきそれを取り入れ、変われるだけの柔軟性があるかということ。そのために必要な意識が「明日は、今日と違う自分になる」ということだと思う。

  • よっち@疲れ目注意☆彡 さん

    Kindle Unlimitedにて読了。海外の絵本みたいなカワイイ表紙に惹かれて読んでみたけど、中身はビジネス書です。ビジネスのネタやアイディアを、どのように思いつくか。それを、段階を追って説明してる。ただし、表紙の優しい雰囲気そのままに、とても優しく書かれており、途中に小難しい文献の小難しい引用など無い。高校生くらいの子供なら読めそう。人生をマンネリから脱却させるためのエッセンスがいっぱい詰まっている。Unlimitedだから手に取ったが、紙の本で手元に置きたくなった。読むと前向きな気分になれる良書。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品