CD

Street Life

Crusaders (クルセイダース)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MVCM20033
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ポップ・ファンの人気を集めるに至ったターニング・ポイントなるアルバム。このヒット以降ヴォーカルを起用するのがフュージョン界で流行り出した。タイトル曲のランディのエモーショナルなヴォーカルがクルセイダーズの演奏を際立たせ、名作が生まれた。(勉)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
STREET LIFEのピアノとサックス...

投稿日:2012/07/28 (土)

STREET LIFEのピアノとサックス最高。ボ−カルも良いよ。本当に演奏の質の高さがうかがえる。彼らのベストにはいるんじゃないかな?是非、聴いて感じて下さい。

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
演奏能力も著しく高いが、メロディーライン...

投稿日:2011/06/19 (日)

演奏能力も著しく高いが、メロディーラインがとてつもなくスバラシイ。 いつも6曲を通しで聴いている。 ホント懐かしい青春の日々が甦ってくる。 「南から来た十字軍」「イメージ」「旋風に舞う」「ラプソデー&ザ・ブルース」など好きなアルバムがいっぱいだ。

大畠逃介 さん | 石川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
高音質盤が出ないかと期待してます。CDで...

投稿日:2005/07/27 (水)

高音質盤が出ないかと期待してます。CDでは最新のルビジウムクロックを使ったリマスター盤、熱気が後退しスリムで現代的な音になって寂しい。黒く熱い空気に満たされる旧盤が捨てられない。やはりLPか??

きんきん さん | 岡山 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Crusaders

 クルセイダーズのサウンドは、基本的 にはハードバップのコンセプトにR&Bやファンクの要素を採りいれたサウンドが売りだった。したがって、この当時の時代の趨勢によって、彼らも揺れ動いた。その後、各自のプロジェクトが忙しくなる中で、“ジャズ・クルセイダーズ”は、「開店休業状態」を経て、1971年ジャズをとった“クルセイダーズ”に改名、ラリー・カールトンの参加によってサウンドは大きな 変化を遂げ、“グル

プロフィール詳細へ

Crusadersに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品