CD 輸入盤

Finest Hour

Crusaders (クルセイダース)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
543762
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

This colletion pulls together the best tracks from their most commercially successful period. Tracks: Stomp & Buck Dance, Chain Reaction, Free As the Wind, I Felt the Love, It Happens Every Day, Put It Where You Want It, Marcella's Dream, Street Life, Last Call.

収録曲   

  • 01. Stomp And Buck Dance
  • 02. Chain Reaction
  • 03. Free As The Wind
  • 04. I Felt The Love
  • 05. It Happens Everyday
  • 06. Put It Where You Want It
  • 07. Marcella's Dream
  • 08. Street Life
  • 09. Last Call

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
クルセイダースと言えばフュージョンだが、...

投稿日:2004/09/22 (水)

クルセイダースと言えばフュージョンだが、確固たるハードバップの基礎があってこその彼らの音楽だ。ファンキーな黒人音楽の魅力をこの一枚で聴く事ができる。ただ残念なのは、原曲の録音が昔過ぎて音がいまいち・・。 CDよりもレコードの時代の曲かもしれない。真空管アンプでフルレンジのスピーカーで聴くクルセイダースは、トゥールダルジャンでロマネコンティーを味わうのに似ている。

Fransice さん | tokyo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Crusaders

 クルセイダーズのサウンドは、基本的 にはハードバップのコンセプトにR&Bやファンクの要素を採りいれたサウンドが売りだった。したがって、この当時の時代の趨勢によって、彼らも揺れ動いた。その後、各自のプロジェクトが忙しくなる中で、“ジャズ・クルセイダーズ”は、「開店休業状態」を経て、1971年ジャズをとった“クルセイダーズ”に改名、ラリー・カールトンの参加によってサウンドは大きな 変化を遂げ、“グル

プロフィール詳細へ

Crusadersに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品