Creedence Clearwater Revival (C.C.R.)

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

SHM-CD

Mardi Gras

Creedence Clearwater Revival (C.C.R.) (クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCO4062
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

【SHM-CD】 トム・フォガティが脱退、3人組となったCCRが残した7作目にしてスタジオ最終作は、ジョン・フォガティ以外のメンバーの作品もフィーチャーした異色作。発表:1972年(米Fantasy)マスター:2008年(米Fantasy制作)解説:2008年(萩原健太)歌詞・対訳付

内容詳細

トム・フォガティ脱退後に制作された最後のスタジオ・アルバム(1972年発表)。残った3人のメンバーがそれぞれ作曲とヴォーカルを担当している。ヒット曲「スウィート・ヒッチハイカー」も収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ルッキン・フォー・ア・リーズン
  • 02. テイク・イット・ライク・ア・フレンド
  • 03. ニード・サムワン・トゥ・ホールド
  • 04. 故郷にひかれて
  • 05. サムデイ・ネヴァー・カムズ
  • 06. ホワット・アー・ユー・ゴナ・ドゥ
  • 07. セイル・アウェイ
  • 08. ハロー・メリー・ルー
  • 09. ドア・トゥ・ドア
  • 10. スウィート・ヒッチハイカー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
元ファンクラブ会員としては、前作「PENDUR...

投稿日:2009/03/28 (土)

元ファンクラブ会員としては、前作「PENDURUM」はまだ許せたけど、本作はいただけない。あの軽快なロックン・ロールはどこへ行ってしまったのか?

baian さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
「サムデイ・ネバー・カムズ」は名曲です。...

投稿日:2007/08/05 (日)

「サムデイ・ネバー・カムズ」は名曲です。CCRのナンバーでいちばん好きかも。おじさんはこれ1曲ですべて許せます。

SINCE1972 さん | 東京都品川区 | 不明

4
★
☆
☆
☆
☆
歴史にその名を刻んだ素晴らしいグループCC...

投稿日:2006/08/04 (金)

歴史にその名を刻んだ素晴らしいグループCCRも最後は哀れだった。このアルバムは作られるべきではなく、前作でグループは解散すべきだった。メンバーとの共同バランスをとるかのように、他のメンバーの曲も取り入れたが、あまりにバカバカしくてみじめだった。当然ながらどのCCRのベスト物にもダグとスチュの曲など選ばれもしていない。皮肉にもジョン・フォガティのコンポーザーとしての素晴らしさを実証するアルバムになってしまった。

yankey さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Creedence Clearwater Revival (C.C.R.)

白人ヴォーカルとしてはかなりソウルフルな部類に入るジョン・フォガティのヴォーカルをフィーチャーしたCCRは、同時期のザ・バンドとはまた少し違った形でサイケの時代に古典的な米ルーツ的な音楽を鳴らした。CCRのほうはよりシンプルな初期ロックンロール的色彩が強く、多くのヒット・チューンを生み出すことが出きるようなキャッチーさをも備えていたのが特徴的である。

プロフィール詳細へ

Creedence Clearwater Revival (C.C.R.)に関連するトピックス

おすすめの商品