SHM-CD

Goodbye Tour -Live 1968 (4枚組 SHM-CD)

Cream (クリーム)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY79060
組み枚数
:
4
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

2020年代のスタートを飾る、最上級の発掘音源! エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーから成る伝説のスーパーグループ=クリームが、1968年、その解散を宣言した後に行った全米フェアウェル・ツアーからの3公演と、同年11月26日のロンドン公演をフル収録した4CDセットが登場!

Disc1〜3に収録される全米ツアーからの3公演は、すべてオリジナル・アナログ・テープより新たにリマスターされた最高音質で収録。全26トラックの内、1969年に発表されたオリジナル盤『グッバイ・クリーム』所収の3曲(LAフォーラムでの「アイム・ソー・グラッド」「政治家」「トップ゚・オブ・ザ・ワールド」)と、解散後1972年に発表された『ライヴ・クリーム Vol.2』収録の3曲(オークランド・コロシアムでの「荒れ果てた街」「ホワイト・ルーム」「政治家」)、そして2018年に発表されたエリック・クラプトン名義のサウンドトラック盤『LIFE IN 12 BARS』収録の1曲(LAフォーラムでの「スプーンフル」)以外は、すべてオフィシャル初登場の完全未発表録音です。

Disc4は、BBCテレビで放送されたのち、映像作品『クリーム・フェアウェル・コンサート〜1968 ロイヤル・アルバート・ホール』としてリリースされていたロンドンでの最終公演を初音源化。

ロック史に残るパワー・トリオが、最後の光を放ちながら燃え尽きる瞬間をとらえた貴重なドキュメント。ロック・ファンを自認する人であれば、絶対に避けて通ることはできない歴史的重要録音です。

■ローリング・ストーン誌のデヴィッド・フリックによるライナーノーツや貴重な写真を掲載した豪華68頁ブックレット付
■英文ライナー翻訳・歌詞対訳付
■日本盤のみSHM-CD仕様/完全生産限定盤


「クリームはそれぞれに異なる性格の人間が集まって大騒ぎをしているようなバンドで、たまたま一緒に触媒を見つけたということだ……。僕たちの誰もが、かなり長いソロをプレイすることができた。だから僕たちは、飽くことなく音楽を求める観客の前に出れば、永遠にプレイすることができた……。そして実際、その通りだった。いつもプレイするたびに月まで行くような気持ちだった」
エリック・クラプトン


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

1968年に全米で行なわれたフェアウェル・ツアー3公演とロンドン公演の模様を収めた4枚組のライヴ・アルバム。サンディエゴ公演の「ホワイト・ルーム 」や「サンシャイン・ラヴ」など、オフィシャル初登場の未発表音源を多数収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

1968/10/4 オークランド・コロシアム [*以外は未発表]

  • 01. ホワイト・ルーム *
  • 02. 政治家 *
  • 03. クロスロード
  • 04. サンシャイン・ラヴ
  • 05. スプーンフル
  • 06. 荒れ果てた街 *
  • 07. 時は過ぎて
  • 08. アイム・ソー・グラッド

ディスク   2

1968/10/19 LAフォーラム [*以外は未発表]

  • 01. バディ・マイルズによるイントロダクション
  • 02. ホワイト・ルーム
  • 03. 政治家 *
  • 04. アイム・ソー・グラッド *
  • 05. トップ゚・オブ・ザ・ワールド *
  • 06. クロスロード 
  • 07. サンシャイン・ラヴ
  • 08. 列車時刻
  • 09. いやな奴
  • 10. スプーンフル *

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Cream

僅か2年あまりの活動歴にもかかわらず、伝説となったスーパー・トリオ、クリーム。エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーの3人が、バトルとも表現されるアドリブを繰り広げる斬新なスタイルが多くのファンを魅了しました。

プロフィール詳細へ

Creamに関連するトピックス

おすすめの商品