SHM-CD

Special Touch

Crackin (クラッキン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR17404
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

LAの風に吹かれて、ソフィスティケイトなサウンドに抱かれたい---

ファンキーなサウンドにメロウなファルセットのコーラス。
都会的なセンスに溢れた伝説のバンド、クラッキン。最高傑作との評価も高い3rdアルバム。

《プロデュース:マイケル・オマーティアン》

(1978年作品)

解説付 歌詞付 対訳付

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

都会的なセンスにあふれたバンド、クラッキンの最高傑作との評価も高い3rdアルバム。マイケル・オマーティアンがプロデュースを手がけ、ファンキーなサウンドにメロウなファルセットのコーラスが気持ちよく響いている。1978年発表。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
個人的にはAORの中で五指に入れたい程好き...

投稿日:2010/08/26 (木)

個人的にはAORの中で五指に入れたい程好きなアルバムです。もともと高音質のアルバムでしたが、今回のリニューアルで音質はベースがしっかり聞こえメリハリ効いた音となった反面、コーラス部分がいくぶん引っ込んだような印象を受けました。(あくまでも比較したらの話です。)それからvividさんにお願いですが、紙をもう少し厚手のしっかりしたものにして欲しい。せっかく他より高めの価格設定なのだから高級感を出して欲しい。

Music mania さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
古くはロギンス&メッシーナのバックアップ...

投稿日:2010/07/21 (水)

古くはロギンス&メッシーナのバックアップメンバーで、スタジオ・グループのリズム・ヘリティッジのメンバーだった事もあり、後にクリストファー・クロスのプロデューサーとしても有名になるマイケル・オマーティアンがプロデュースしたクラッキンの4枚目でラストアルバム サウンド的にはウェストコーストの香りがするロックサウンドにソウルフルな味付けをした感じ ロックグループと言うよりもスタジオ系のAORの音でかなり洗練された都会的なサウンドだ 曲はマイケルと、このグループの主要メンバーであるリック・チェダコフが書いた曲が多い グループのメンバー以外にジェイ・グレイドン、アーニー・ワッツ、ウォーターマン姉妹などが参加している 当時流行っていた音そのもののアルバムで、どれも聴きやすいナンバーばかりで無難な感じだがAOR好きな人には良いだろう やはりどちらかと言うと裏方的なメンバーばかりだったので、話題になる事も無くチャートに上るようなヒット曲も無かったので地味な存在のバンドたった この辺のサウンドはAORのサウンドの特徴でもあるソウルフルなベースとシンセやエレピの音が時代を感じさせるが、当時はそのサウンドが新鮮で洗練された音として流行ったものでした そんな中でもこのアルバムのラストナンバーの「Kalalee」がミディアムなりズムにアープシンセが被さって来てマリンバの音とワッツのソプラノサックス・ソロがたまらなく良い!この曲はこのアルバムの中で出色の出来だろう

0

おすすめの商品